妊娠・出産・育児の情報サイト


里帰り出産での出産後の手続きについて

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

現住所とは異なる場所で出産することによって発生する手続き問題。出生届は出生場所などのどこの市役所でも届けられますが、児童手当や子ども医療費助成制度の手続きなどは住民登録されている市役所でなければいけません。

 

また医療費助成制度の登録には子供の保険証が必要なため、保険証の発行も不可欠です。そのため私は出産前に、旦那の会社に保険証を発行するのに必要な書類は何か、母子手帳はいるかを確認してもらいました。

 

私が入院中は病院が母子手帳を預かっていますし、出生届を出すためにも母子手帳が必要です。そのため保険証発行に母子手帳が必要であれば、母子手帳を里帰り先と現住所とで行き来させなければなりません。

私の場合は母子手帳が不要だったため、出産後すぐに旦那の職場で保険証発行の手続きをしてもらい、発行が済めば子ども医療費助成制度の手続きという形で市役所で手続きしてもらいました。

 

児童手当出生届届けは出産後から2週間ほどの期限があるため、自分がいけない場合は旦那や家族によく伝えておかなければいけません。

助成制度も一ヶ月と期限があるため保険証の発行が遅れれば影響がでます。

よくよく計画を立てて、夫婦で手続きをされるといいと思います。

著者:かなっぷる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。