妊娠・出産・育児の情報サイト


4いきみでポン

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠39週で女の子だけど3kg超え確実と言われました。

大きいと産むのが大変と聞いていたのでどんなお産になるのかと思っていたのですが、初産だけど5時間、分娩台では4いきみでこの世に産まれてきてくれました!

 

振り返れば、妊娠中の動きが良かったのかもしれません。

妊娠8ヶ月までは仕事で体を動かし(介助するからしゃがみ動作とか歩くとか)、早めの産休に入ると全く用事がなくなり運動量が落ちました。

それで、毎日ではないけど携帯の万歩計を使い一万歩を目指して動いていました。ウィンドウショッピングをすればあっという間に達成できていました。

人によっては身体が重く、お腹が張るから少しずつ動く必要があるかもしれないけど、体力をつけるためにも長めに動きました。

あとは安産に良いとされるマニュアル的体操とストレッチを行いました。臨月には床拭きも!言い伝えは信用できないかもしれないし、長続きしないかもしれないけど、基本の基本だったのかもしれません。

 

助産師さんに褒められたのは、分娩台で普通に会話できていたことです。「陣痛の波がきます」とか「頭挟まってますよね笑」とか!

身体作りも大切ですが、精神的に落ち着くのも大切だと思います。陣痛はもちろんあるけど、休む時間が絶対ある!うまいことなってるなぁと感心しました。

 

体質の違いもあるかもしれないけど、なにかの参考になれば幸いです。

著者:やまさん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。