妊娠・出産・育児の情報サイト


母乳育児

f:id:akasuguedi:20181022114518j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

「子供を産んだら自然と母乳がたくさん出てきて、赤ちゃんがぐびぐび飲んでくれる」

出産する前まではそんな風に考えていました。実際のところは、そんなに簡単にはいかなかった。赤ちゃんの哺乳力が弱いわけではなかったけれど、まだ慣れないことで上手く母乳をあげることが出来ず、入院中は不安しかなかったです。

個人差があるのは分かっていたけど、20分も咥えさせていたのに母乳量を計ると5mlしか飲んでない…。なんで?出てないのかな?咥えにくかったかな?考えるたびに涙が出てきました。

 

退院する頃には少しずつ母乳量も増えてきてはいたけど、まだまだミルクメイン。私と赤ちゃんのペースでいい、焦らずに母乳メインにしていけたらいい!そう考えていたのに、母乳育児が当たり前という考えの母親からは「ミルクを飲ませるな!」と言われ喧嘩しイライラするストレスだらけの毎日でした。

 

そんな中、母親の勧めで桶谷式の母乳マッサージへ行くことに。渋々マッサージを受けたものの、自分の母乳がこんなに出るのかと驚くほど素晴らしいものでした。

自分で出来るマッサージ法や咥えさせ方も教えて頂き、産後1ヶ月でほぼ母乳育児にする事が出来ました。

 

もちろんミルクにも栄養はたくさんあるので完母を勧めるわけではないけれど、やはり母乳だと経済的にも助かるしミルクを作る手間や、作る間に赤ちゃんを待たせるという事がない。そして赤ちゃんにも免疫がつくという良い事がたくさんあるそうです。

母乳育児が軌道に乗ってきたのは生後4ヶ月頃からだったけれど、退院後すぐ桶谷式の母乳相談所に行って良かったと思います。

著者:かっじー

現在5ヶ月の男の子ママ。毎日育児奮闘中!そろそろ離乳食スタート

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。