妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫流産・自転車通勤

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産で無知だったため、妊娠初期で仕事へは自転車通勤してました。

ある日ただ普通にトイレから出た後に何かお漏らししてる感覚になり、もう一度トイレに行くと血が出てました。腹痛も何もなく突然の出血。腹痛がないからすぐ止まるかとおもいきや生理2日目なみの量がドバドバと止まらずすぐに病院へ電話しました。

「病院へ来てください」

とのことで病院へ向かうとそこから腹痛が起こりどんな体勢でも痛かったです。

 

病院に着くとその日にお産があったようで、人出が少なく

「しばらく待っててください」

と言われ待合室で腹痛に耐えていました。血が止まらないので何度もトイレに行って、ナプキンを替えて待ってました。

お産を終えて診察にきたお医者さんからは

「血の量が多いから覚悟してください」

と言われショックのまま診察台へ。診察台へ乗る時も血がポタポタと垂れてしまうほどでした。けれどお医者さんの第一声は

赤ちゃんの心臓はしっかり動いてるね大丈夫」

と言われ、安心からか涙が出ました。

 

そこから数日間入院して安静に。血も止まり退院する時には

「自転車は乗らないように」

と言われそれ以降自転車には乗っていません。退院後も自宅安静と言われ2週間ほど仕事も休み自宅安静してました。

 

その後は順調で現在妊娠7ヶ月です。

出血が自転車のせいかはわかりませんが、妊娠がわかったら乗らないに越したことはありませんね。

著者:にっしー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。