妊娠・出産・育児の情報サイト


私と夫と赤ちゃんと。家族3人力を合わせて挑んだフリースタイル分娩

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私が選択した分娩スタイルは「フリースタイル分娩」。

分娩台に乗らずに布団の上で好きな姿勢で産みました。

夜中だったのもあって夫も立会うことが出来ました!

 

私の立会い出産のイメージは夫は手を握って励ましたり、腰にテニスボールを当てたり…というのを想像してましたが…フリースタイル分娩で私は四つん這いの姿勢になるといきみやすかったのもあり、夫は手を握るとかではなく四つん這いの私が全体重でもたれかかるのを支える役目に!!私は勿論のこと夫も汗だくだく…。

私にお茶を渡すと、同時に自分も水分補給。2人でクタクタになりつつ陣痛を乗り越えて、いざ産まれる瞬間は仁王立ちになって、助産師さんに支えてもらいつつも自分のお股から我が子を自分の手で取り上げました。

 

関連記事:私が行き着いたのは、なんと四つん這い! フリースタイルで見つける自分らしい出産

 

お産は女性だけが痛い思いするし大変だ!と思ってましたが、フリースタイル分娩で立ち会って貰ったお陰で、旦那も私の全体重を支え続け、目の前で我が子が産まれる様を見ることが出来て、2人でヘトヘトになりつつ感動を分かち合う事が出来ました。

お腹の中では赤ちゃんも一生懸命外に出ようとしてくれて、お腹の外では母は陣痛に耐え、父は母を身体全体で支えて…と家族3人で頑張ったお産をする事が出来て、あの体験は一生物のかけがいのない思い出となりました。

好きな姿勢で…と言われていてどんな感じか不安でしかなかったですが、いざ終わってみると夫も必死にならざるを得ないお産スタイルで出産て大変なんだと身を持って感じられて本当に良かったです。

自分の手で我が子を取り上げるなんて、とんでもないと思っていましたが、実際やってみたら本当に感動と興奮が半端なかったです。

今後また妊娠する機会があれば、是非同じお産スタイルを選びたいと思いますし、他の方にもお勧めしたい出産でした。

 

関連記事:私、綱を引いて産みました!旦那と共に挑んだフリースタイル出産

 

著者:なぼーん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。