妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの心音が下がり緊急帝王切開に。同意書へのサインの手が震える…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日を3日過ぎた日の朝、腹部に軽い痛みが…。

陣痛かな?と思ったものの、本当に些細な、軽い生理痛のような痛みでした。痛みが強くなることもなく、お昼近くなってしまいましたが、やはり不安。

痛みが訪れる時間を測って、5分間隔になった時に病院へ電話し、義母さんと向かいました。

 

最初はあまり痛くないし、まだなのかな…?と気楽に考えていましたが、診察の後、今晩、入院しましょうの言葉。準備していた入院セットを持ってきていて助かりました。

その晩は痛みがどんどん強くなり、痛みでうめき声がとまりません。全室個室の病院を選んで良かったとつくづく思いました。

五分間隔の強烈な痛みが続くまま朝を迎え、陣痛のたびに赤ちゃんの心音が下がってくるようになってしまいました。その時、産道はまだ4㎝しか開いておらず、硬いまま。

先生に、緊急帝王切開に切り替えることを伝えられた時は少なからずショックではありました。

 

関連記事:「帝王切開、やっぱ怖かったよ」「うん、僕も」え?手術受けたのは私なんですけども… byきたあかり

 

震えて書けないながらもなんとか同意書にサイン。そこからは痛みのあまりほとんど覚えていませんが、帝王切開で無事に産まれた時には泣きじゃくってしまいました。

産後、通常よりも入院が長くなり、3日から4日は痛みで起き上がれない状態が続いたため、入院用品はもう少し予備もあれば良かったと後悔。

全く動けないため、旦那も職場からよく通ってくれて、面倒を見てくれました。

次回の出産も帝王切開になるようなので、産後動けないことを前提に、用品は多めに揃えたいと思っています。費用は保険適用のため、自然分娩よりもかなり安くなりました。一時金で全て賄えました。

 

関連記事:産後3日たっても屁が出ない!待ちわびた兆しがきた場所は…なんと売店。でも…! by うえだしろこ

 

著者:さな

今年、一人目の息子を緊急帝王切開で出産。28歳。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。