妊娠・出産・育児の情報サイト


二人目は早く生まれるって本当!? 思いがけないスピード出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2018/6/12、39週と1日目。

朝から変なお腹の張りを感じていました。やたら張るなぁと少し思っていましたが、娘を連れてオープンスペースに遊びに行きました。

 

10:30頃トイレに行ったら、おしるしが。

「これは出産が近い!?」と思いましたが、痛みはほぼなく、一応おしるしがあった旨を旦那と家族に伝えました。痛みが始まったら、病院に行こうと思っていました。

 

関連記事:2人目出産。陣痛が来たとき上の子と二人きりだったらどうしよう?

 

12:00のお昼ご飯。テレビを見ながら、お腹の張りが定期的におこってるように感じました。テレビ画面の右上に表示されている時間を見ながら、10分おき、20分おきに張っていることに気付きました。

でも一人目ほど痛みを感じず、お昼から健診がてら見てもらおうと、のんびり過ごしていました。

 

14:30、病院に到着し、診察室でお腹が張ること、おしるしがあったことを先生に伝えると、「すぐ内心台あがって」と言われました。見てもらうと、すでに子宮口が5cm開いているので、即入院と伝えられました。そういえば、だんだん生理痛のような痛みがあるような、ないような。。

先生は、「痛みが少ないようだけど、入院になるから。浣腸して様子見で。」と看護婦さんに伝えていました。おしもの毛を剃り、看護婦さんと階段を登って、15:00頃部屋に入りました。

 

「着替えてください、入院グッズは持ってきていませんか?」と言われ、親に連絡して急いで持ってきてもらいました。

そして、初めての浣腸。薬剤を入れたら、もうトイレに駆け込みたくてたまらなくなりました。浣腸後、急に汗をかく程の痛みが。寝転がろうと部屋に戻ると、部屋のランプが「陣痛室使用中」でびっくり!痛みがそれまでなかった分、自分が案内されたのが陣痛室と思っていなかったんです。立ち会い希望だったので、急いで隣の市で働いている旦那に連絡しました。この時点で15:30。

 

部屋を出入りする助産師さんに「スミマセン、結構痛いんですけど..」と伝えると、「先生が痛くなり始めたら早いと思うって言ってたからね!」「一応、見てみようか?」と見てくれました。

すると、子宮口は9cm開いていたようで、「えっ!?もう出るわ、先生に連絡して!分娩室にいくよ!」と手を引っ張られて分娩室に移動しました。

 

16:00、分娩台にあがると、「旦那さん間に合わんね!いきんでみる??」と言われました。一人目が13時間かかったので、「えっ!?もうですか!?」と聞いてしまいました。「うん、いいよ!」と言われたので、いきみを開始。

 

16:13、元気な息子が生まれました。あっという間でびっくり。だんなはその30分後にようやく到着しました。

二人目ってこんなに早いんだ、と驚きました。一人目はもっと時間がかかって苦しかった分、二人目は体力的にも精神的にも楽でした。(痛いことに代わりはなかったです(^^;)

出産直後は少し出血量が多く、大きなアイスノンをお腹の上に夜中まで置いて冷やしました。子宮の収縮が痛かったです。

 

関連記事:勢いよくパァンッ!弾け飛んだボタンを見て、2人目妊婦が購入を決めたもの byうだひろえ

 

著者:とーふ

2歳娘、0歳息子のママ。一人目の妊娠、出産を機に事務系の仕事に転職しました。現在、二人の子育てに奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。