妊娠・出産・育児の情報サイト


えっ…こんなできないもんなの? 避妊をやめればすぐ妊娠するんじゃないの? byきたあかり

 

2014年、長いモヤモヤ期間を経てようやく妊活をスタートさせた頃のことです。

前回エピソード:「ひとりの人生まるごと幸せにするなんて無理無理!」妊活スタートまでのモヤモヤは続く byきたあかり

 

毎朝基礎体温を測り、葉酸などのサプリを飲み、体が冷えないように温めたり、妊活前より少し早く寝るようにしたりし始めました。

根っからのズボラなのでマメな作業が必要な日々に少々嫌気がさしながらも、子どものいる生活への期待に胸は膨らみ、楽しく過ごしていました。いましたが…

f:id:akasuguedi:20181130220054j:plain

妊娠する気配は微塵もありませんでした。

えっ… こんなできないもんなの? 先月もその前もその前もなんだけど…

今思うと能天気なのですが、当時の私は避妊をやめればすぐ妊娠するもんだと考えていました。理科の実験みたく、材料がそろえば完成するもんだと。

加えてもともと生理不順だったため、生理が止まる度に「妊娠かも!」とぬか喜びしては検査薬で落ち込む…というのを繰り返していました。

こうして明確な理由が分からないまま時間だけが過ぎていくと…

不思議なもので、最初は楽しかった妊活がだんだん苦痛になってくるのでした。

f:id:akasuguedi:20181130220108j:plain
赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくる」という説を読んで、選んでもらえないのは日頃の行いが悪いのかなと落ち込んだり。

理性では「イヤ別にそういうんじゃなくてきっと体質とかストレスとか色んな理由が複合的に」とか思っていても、結果も過程も目に見えない手探りの状況が長く続くと、目に見えない何か…日頃の行いとかが理由のような気がしてくるのでした。

よく「子どもは授かりもの」と言いますが、本当にそうなんだなとこの頃には思うようになっていました。

望む望まないに関わらず、できない時はできなくて、その理由は自分じゃはっきりとは分からなくて、お医者さんですら分からない場合もあって。

誰が授けてるのか知らないけど、授けてもらえないのは何かのバチが当たっているのかな…と勝手に想像して落ち込んだり。

 

そうこうしているうちに、1年の月日が流れました。

f:id:akasuguedi:20181130220154j:plain

ある日、夫が不妊検査の結果がきたと話してくれました。

特に問題なし。

「じゃあやっぱり私の体質か日頃の行いが悪いのか…」と落ち込みましたが、それと同時に夫が進んで自分から検査してきてくれた事が嬉しかったのを覚えています。

恥ずかしかったり嫌な気持ちになったりするのを乗り越えて、向き合ってくれているんだなと。

そしてその週の土日、初めて夫と一緒に不妊外来を訪れました。

 

やっぱり検査は痛いのかな…

そもそも検査が恥ずかしいし嫌だな…

一生子どもが持てないって言われたらどうしよう。

子どもがいないぶん余ったお金で旅行行きまくって家買って…

 

とドキドキしながら、いざ受付へ!

f:id:akasuguedi:20181130220218j:plain

 

受診ならず!

 

たぶん他の病院には飛び込み受診を受け入れてくれてるところもあるんだと思うのですが、たまたま私たちが行ったのは違ったようで。

結局その日は診療の予約をダイレクトにするだけして、とんぼ帰りしたのでした。

関連記事:せめて股間にタオルを…!内診台の上で「奇跡みたいな妊娠もあるからね」と励まされ涙 by肉子

 

f:id:akasuguedi:20170630151342j:plain

著者:きたあかり
2016年6月にムスメを出産し、生後2ヶ月ごろからインスタで育児絵日記(@kita.acari)をつけています。ムスメの寝顔を見ながら寝落ちするお昼寝タイムが至福。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。