妊娠・出産・育児の情報サイト


1人目を自然分娩、2人目を無痛分娩に。どちらが良かったかお教えします!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産が自然分娩、2人目を無痛分娩にしました。

なぜ無痛分娩にしたかというと、2人目の時は病院が選べたからです。

 

私は、体質的に子宮頸管が短く、初産の時は大きい病院にうつされてしまい、自然分娩しか選択肢がありませんでした。

2人目も同じく子宮頸管が短く安静にといわれましたが、なんとか無痛分娩ができる産婦人科で出産することができました。

 

ここの産婦人科では、妊婦健診の後期になると先生が出産の日にちを決め、その日に入院し、出産という流れでした。

私の場合は切迫でしたので37週の妊婦健診の際に、「もういつ陣痛がきてもおかしくないから明日入院して下さい」と先生に言われました。

次の日、13時の入院予定でしたが朝の7時半頃お腹に違和感があり、陣痛がくるような気がして急いでシャワーを浴びました。

10時頃まで様子を見てましたが、2人目だと進みも早いと聞いていたため病院に電話。「すぐきてほしい」とのことだったので病院にむかいました。

内診をしてもらうと、もうすでに子宮口が7センチ開いていたので、急いで分娩室へ。無痛分娩の処置をしてもらいました。

 関連記事:無痛分娩にしたはずなのに、出産直前はとてつもない痛さに!

カテーテルを腰のあたりに入れるのですがこれがすっごく変な感じなんです。

痛いというよりも腰に管が入ってくる変な感じ。正直、気持ち悪かったです。

でもこれを耐えたらあとはもうかなり楽です。無痛分娩ですが痛みはわかります。でも陣痛中でも笑って話せるし、友達とLineもできました。

子宮口がマックス開いたときも余裕で会話ができます。無痛分娩ってほんとにすごいと思いました。

 

だいたい、麻酔を入れるとお産の進みが遅くなってしまい、促進剤をつかうようですが私の場合は進みが早かったので使わずにすみました。

しかも病院についてから2時間ぐらいで産まれちゃいました。

無痛分娩だと産後の回復もいいです。出産当日から動き回れるぐらい楽です。

ちなみに費用は自己負担30万、あとは助成金でまかないました。

関連記事:痛みを伴わないと愛情が持てないなんて嘘!大満足に終わった無痛分娩 by まる美

 金額も高くなり、やはりリスクもあるとは思いますが私には無痛分娩があっていたようです。2人目に無痛分娩を選択したのは正解だったと思います。

 

 著者:シャルル

二児の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。