妊娠・出産・育児の情報サイト


友人たちの出産ラッシュで体験談を聞いてイメトレはしていたものの、陣痛と出産の痛みは想像以上のもの

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私の息子は39週で産まれてきてくれました。私の友人たちも出産ラッシュで色々な話が耳に入ってきました。

「自分で聞いたことない声が出た」や「思いっきり踏ん張ったらスポンって出た」などプラスとマイナスな話が入り混じっている中、自分なりにお産のイメージはできていたと思います。

妊娠後期には産婦人科に通いマタニティクラスも受講し、良いお産に繋がることしか頭にありませんでした。

関連記事:私は痛みが大好きなドMな菩薩ー。ポジティブなイメトレのおかげで陣痛中でもリラックス by 今じんこ 

そしてついに朝方、陣痛がやってきました。

初産だったため陣痛の痛みがどのようなものなのかが全く分かりませんでした。とりあえずお腹が痛くなったので痛みの間隔を測ったところ、もうすでに7、8分間隔でした。

病院では5分間隔になったら連絡をしてくださいと言われていたので、もうしばらく様子を見ていたのですがその間隔にもすぐに到達し、連絡しました。その痛さは、生理痛よりかはきつく、でも我慢できるようなものでした。経験者の話では痛みが出てる間、喋ることは難しく立つことも出来ないと聞いていたのですが、私は出来ていました。

案の定、病院へ行ったところまだ余裕のある顔だし陣痛もまだまだ本陣痛ではないと言われ、一旦帰らされました。確かにこの痛さで出産できたら苦労なんてしないのかと私自身感じました。

そして、その日の23時頃です。布団に入っていると、お腹の痛みが今朝の時とは全く違うレベルになってきました。しかし、私はまた早く病院へ行くと帰らされると思い我慢できるところまで我慢しました。時間も測りながら耐えていると3分間隔になり、もう限界と感じ電話したものの痛すぎてなかなか声が出せなくなっていました。とりあえず最小限を伝えて父に病院まで送ってもらいました。

 

この痛さを知ってしまったら、あの軽い痛みで病院に行ったことがすごく恥ずかしくなってきました。その時はこんな事を考えている余裕なんてなかったのですが。

内診をされたところまだ子宮口は2、3センチ程だったのでベッドで待機でした。その間、夫は私の言われるがままに腰をさすってくれたり、お尻の穴部分をおさえてくれたりサポートしてくれました。

その4時間程だったのですが、私は心の中で「いつか終わる、いつか終わる」と唱えていました。

 

その後、分娩台に移動しました。なかなかお産が進まなかったので、破水させ、お産を早めました。私の担当だった助産師さんが痛みを少しでも楽になるよう、テニスボールでお尻をおさえてくれました。それがものすごく助かって何度も何度も呼んではしてもらいました。やっぱり妊婦さんの体のことをよく分かっていると実感し、安心しました。

 

大きい波の陣痛も増え、いよいよ本格的にいきむ態勢に入りました。助産師さんたちにお手伝いしてもらいながら、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれることを考えながらいきみました。赤ちゃんの頭が見えてきたよと言われるものの、私にはそんな余裕がなく、それどころではありませんでした。

ようやく赤ちゃんの頭が出てきたとき、私は少し心が折れてしまい、休憩をしてしまいました。よくそんなタイミングでで休憩できるなぁと散々言われましたが、関係ありませんでした。それから、頭が出てきた時の痛みは、今までに味わったことのない張り裂けそうな痛みでした。

その後は幅がある肩の部分でも痛みを感じず、スルスルと出てきてくれました。すぐに大きく泣き叫ぶ声が聞こえてきました。それだけで元気に産まれてきてくれたんだと確信できました。赤ちゃんの後に、胎盤もツルンと出てきました。産んでからすぐにあれだけ痛かったものが一瞬にして消えることが不思議である意味、気持ちのいいものでした。

そうして、ようやく顔を見ることができ、思わず笑ってしまいました。その愛おしい顔はすでに夫そっくりだったことと、私が途中で休憩を挟んでしまったことで頭が長くなっていたことです。申し訳ないと思う反面、あの時は仕方なかったと自分を慰めました。

関連記事:破水した瞬間、いきむ間もなくお股に赤ちゃんの頭が!何これ、イリュージョン!? by tomekko

それから赤ちゃんは色々検査をしてもらい、その間、院長先生に私の後の処置をしてもらいました。余裕がでてきた私は、自分の胎盤とへその緒を見せてもらいました。決して綺麗なものではないですが、それらが赤ちゃんを元気に育てくれ守ってくれていたんだと本当に感謝しました。

あの陣痛と出産の痛みは私の想像以上のもので正直なめてかかっていました。

私は他の人より痛みに強い方だと思っていましたが、すぐにかなり弱い方なのだということが発覚しました。

それなのに現在の私は、今ならあの痛みに耐えられるのではないかと、またまたハードルを下げています。

著者:心が弱いくまたん

大阪に住む料理がなかなか上達しない専業主婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。