妊娠・出産・育児の情報サイト


出産するまで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

高齢での妊娠、出産でした。今思うと産まれるまで何が起こるかわからないなと改めて考えさせられます。

そもそも妊娠も不妊治療を経て初めての体外授精でしかも一度目で授かったので、奇跡的でした。妊娠中も特に問題なく順調に過ごしていたのですが、臨月に入った頃から歩けない程の恥骨痛に悩まされました。

寝返りさえ痛くて痛くてしかたなく、痛み止めも飲めないので痛みに耐えながら過ごしていました。お腹の子はそんな事は知らずにとても元気に動いていました。

先生から普通分娩は難しいので(恥骨痛が酷くなる)帝王切開することになり、なんとか38週までお腹の子の成長を促し出産。

取り出した時に、赤ちゃんの首に臍の緒が二重に巻いてあったそうです。赤ちゃんも苦しくて私に恥骨痛を起こして早く産まれるようにしてくれたのかな?

普通分娩だとしても難しい出産になるのを避けてくれたのかなといろいろと出産後に思いました。臨月までは順調でしたので思いもよらずの出来事でしたが、出産は命懸けです。無事に産まれることが何よりの幸せだと思います。

著者:みらきら

只今、二人目を妊娠中。無事に産まれるまで心配ですが今は楽しみながらマタニティライフを過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。