妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目の妊娠。切迫早産で絶対安静のつらさ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2人目を妊娠。かわいい1人目の息子はまだ2歳。寝かしつけはいつもおんぶでした。妊娠初期は不安なため、お腹に赤ちゃんがいると説明して言い聞かせ、おんぶを回避していました。

安定期に入ってだんだんと悪阻もおさまり、今度は出産に向けて体力をつけなければとなぜかあんなに避けていたのに…ある日なかなか寝付いてくれないのでついつい息子の要求に応えておんぶ…。結果寝付かず、とりあえず尿意を感じた為息子に待ってもらいトイレに。

妊婦になってから、尿の色など確認する癖ができていた為、いつものとおり便器を確認…あれ?やばい…血だ…しかも大量。血の気が引くのを感じ、時が止まったように感じ…いや、病院に連絡しなきゃ。

幸い、同居で旦那さんのお母さんがいたため、すぐさま息子をお願いし、電話。すぐ来てくださいといわれ、あたふたしながら、お母さんに運転してもらい、息子を連れて病院へ。

即入院。やってしまった。頭によぎるのはお腹の子…の事より今目の前にいる息子の事。生まれてからずっと一緒に寝て来た。ママがいない夜なんて経験したことない。昼間は?旦那さんのお母さんがいるけど、ご飯とかお風呂は?そんなことばかり考えてしまい。

結局旦那さんに仕事を上がってもらい、息子を連れてバイバイ。その日は涙が止まらなかった。

>関連記事:妊娠35週で切迫早産に。上の子がいても入院せず出産できた!

次の日、先生が自宅で安静にできるならと、退院の許可が出た。帰りたい。今すぐ息子に会いたい。その気持ちがいけなかった…帰ったその日にまた入院。帰りの車内からお腹の張りが頻繁になり、さらにシャワーを浴びたかったから…それがいけなかった。

その日から点滴になり、トイレ以外の行動はダメ。苦しい。トイレも点滴がついてくる。そんな時、切迫で入院してた友達とLINEしてたら、その子が入院中に看護婦さんに言われた言葉を教えてもらい、そこからの私の切迫の入院は変わりました。

その言葉は、「普通の人の1日がお腹の赤ちゃんにとって3日。それくらいお腹にいる事がどれだけ大切か」。

私は上の子のことばかり考えて来た。もちろんお腹の子も愛おしい。だけどやっぱり上の子が目の前にいるから、大事にしたい。でも、お腹の子も一生懸命生きてくれてる。

お腹が張るたび苦しんでる。すごく反省したし、正産期に入るまで無理はしないと誓いました。

そして何より、お腹の子にたくさん話しかける事がいいみたいで、そこから毎日「まだ出てきちゃダメだよー!お腹の中でゆっくりしててよー!」とか、いろいろ話しかけました。

>関連記事:上の子のお世話があるのに「安静に」なんて難しすぎる…早産で産まれた第二子 

入院中は毎日上の子を昼間連れてきてもらって会えたのに、夜になると一緒にいられないのが寂しくて、上の子がママって泣いたって聞くと悲しくて…毎日本当に長くてお風呂やシャンプーもできなくて、体拭きと足を洗ってもらう毎日。

楽しみは産婦人科のおいしいご飯。こういう時、個人院を選んでよかったと思った!まぁなんかあれば大きい市民病院に行くんだけど。

入院中も何度も張りが来る夜があったりして、モニターをずっと眺めてお腹の子にまだだよーって何回も話しかけました。点滴もどんどん強いのになりました。

そんなこんなで34週から始まった入院生活は目標の36週を迎え、37週の正産期目前に退院。点滴の張り返しで生まれちゃう事もなく、無事退院。

退院した日、息子は本当嬉しそうで、愛おしくて、寝顔を眺めてたのを覚えています。

お腹の子にあと少しお兄ちゃんと過ごしたいから、まだお腹にいてねって。毎日言いました。それがなにより効いたかと。お腹の子にはちゃんと声も気持ちも届いてるんだなって実感。一心同体とはこの事だね。

 

毎日産まれるんじゃないかと思いながらも、上の子を連れて公園に行ったり、今までできなかった分、たくさん出来る事をしました。

そして39週を迎えたその夜、トイレに行って、おりもの?ぐらいの破水を感じ病院へ。最初はおりものと診断されたけど、念のため入院。

検査して、破水とわかり、陣痛がついてくる…こない。おさまってしまった。看護婦さんも忙しいみたいで全然こなくて、なんだか落ち込む。旦那さんと病院で朝を迎えた。促進剤の点滴をする事に。点滴が9時から始まりどんどん進み、あっという間に13時45分、出産。

無事に生まれてくれた事に、出産の奇跡に、本当に感動し。生まれてくるって、当たり前じゃないんだ。奇跡なんだって。切迫でいつ生まれてもおかしくなかったのに、お腹の子は3420gまですくすくと元気に育ってくれていてさらにビックリ!笑 そりゃ痛いはずだ!

 

辛い切迫も必ずゴールがある。家族、友達、看護婦さん、そしてお腹の子が支えてくれて乗り越えられた。今では懐かしい話。

今は2人目育児の大変さに日々イライラして、つい上の子に怒ってしまったり、毎日反省の日々です。

 

あ、病院でスリッパ履かずにたまに過ごしてたら、水虫になりました。今は水虫と戦っています。入院中でシャワー禁止の方。ぜひ24時間以内には一回、足を洗ってもらうか洗ってください。水虫は免疫力が下がってるとなりやすくて、通常なら1日1回石鹸で洗ってればならないみたいです。みなさんも気をつけてください。治すのに時間がかかるので…涙

 

しかし、1人目も2人目もやっぱりどっちもかわいいです!

著者:じょじょまる

男の子2人のママです。

上の子2歳半。下の子3ヶ月。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。