妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠が判明した時期にインフルエンザにかかっていた私。赤ちゃんへの影響は?

f:id:akasuguope01:20180320072221j:plain

赤ちゃんが出来たとわかった時、すごく嬉しい気持ちになると同時に、またこれからのことを思って少し不安になったりする方も多くいると思います。私の場合、嬉しいのはもちろんでしたが、妊娠した時期にインフルエンザにかかっていたため、不安の方が大きかったです。
 

結婚した当時、私達夫婦は子供が自然にできるのを待っていました。そんなある日、私はインフルエンザに罹り、1週間寝込みました。旦那は看病をしてくれたのですが、予防接種をしていたのがよかったのかうつりませんでした。

一方、私は予防接種を受けていません。インフルエンザになるのも小学生の時以来です。こんなにしんどいものなのか、予防接種をしておけば……と後悔しました。

 

その後、生理が来ていないことに気づき、市販の妊娠検査薬で調べた結果、妊娠していることに気づきました。旦那に報告するとすごく喜んでくれたのを覚えています。

 

関連記事:妊娠20週で人生初のインフルエンザに!家族の優しい言葉に涙が止まらない 


しかし、病院に診察に行くまでの間、私も旦那も不安で仕方ありませんでした。
妊娠検査薬だけでは、インフルエンザに罹患する前に妊娠していたのか、治った後に妊娠したのかわかりませんでした。そしてもし、インフルエンザに罹患したことが赤ちゃんに何か影響していたら……と考えると心配と不安でいっぱいになりました。

数日後、家の近くの産婦人科で初めて検診を受け、インフルエンザに罹っていたこと、妊娠したのはいつなのか、今は何週目なのかを真っ先に先生に聞きました。

先生は優しく「心配しなくても大丈夫ですよ。妊娠中にインフルエンザに罹っても赤ちゃんには影響しませんし、それに週数をみると治ってからの妊娠のようです」と笑顔でおっしゃって下さり、エコー写真を渡してくれました。

先生のその一言にホッとして、エコー写真を見てお腹に赤ちゃんがいるんだと実感し、すごく嬉しくなりました。

その時が妊娠6週に入った頃で、母子手帳を貰うまでは2週間に1回見せに来てねと言われたので、次の予約をして帰りました。

仕事から帰ってきた旦那に話をすると、旦那もすごく安心したようでした。その後、赤ちゃんは順調に大きくなっていき、無事に出産することができました。

 

関連記事:【医師監修】妊娠中にウイルスに感染したらどうすればいい? ワクチン接種は? 宗田聡先生に聞きました

 

f:id:akasuguope01:20180320072321j:plain

著者:みーさん

年齢:34歳
子どもの年齢:0歳4ヶ月

34歳で0歳娘のママ。超ポジティブでおおざっぱな上、しっかりしているように見えてどこか抜けてる(妹談)らしく、要領はよくはないけれど、それなりにこなしながら毎日楽しく過ごしています。最近は子供の変顔を激写することが趣味になりつつあります(笑)。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。