妊娠・出産・育児の情報サイト


不安が耐えなかった妊娠中

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかってすごく嬉しかった初期から仕事をバタバタとしていて、自分の想像とは違うマタニティライフがやってきました。

私の想像だと幸せいっぱいで、産休に入ったらカフェに行ったりお散歩したり・・・と思い楽しみにしていました。ところが中期の健診で切迫早産と診断され、翌日から仕事を休みウテメリンを飲みながら自宅でトイレとお風呂以外は動かない生活が始まりました。

主人の帰りが遅いので実家に帰り親に面倒をみてもらう生活が続きました。2ヶ月後の健診ではもういつ陣痛がきてもおかしくないと診断されその日から入院をしました。それと同時に赤ちゃんの体重が増えないと言われ栄養剤とウテメリン24時間点滴の毎日が始まりました。

 

入院直後は寂しさと不安と点滴の痛みで毎日泣いていました。入院は続き37週に入る日に退院はしましたが、やはり赤ちゃんの体重が2500gにならず点滴をしに通院する毎日、腕は点滴の痕でいっぱいでした。

そして39週1日に出産をしました。無事に2584gの赤ちゃんを出産できて安心しましたが、妊娠、出産は思ってもいないことが起きるものなんだなと実感しました。

著者:るな

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。