妊娠・出産・育児の情報サイト


早く子どもを授かりたかったから病院で検査。基礎体温表を見ながら話をしてもらえました

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目も早く妊娠したかったので病院に通いました。卵胞の大きさをチェックしてもらい、排卵日ごろにHCGという注射をうちました。HCGをうつと、36時間以内ぐらいには排卵するというもので、確実にタイミングを取ることができます。

タイミングをうまくとっても妊娠の可能性は20%、妊娠するまでには半年程かかりました。多嚢胞性卵巣症候群ということがわかったので、病院にかよってよかったとおもっています。

 

二人目も病院に通いました。

クロミッドという薬を飲んで卵胞が育つようにしました。その後一人目と同じように、HCGをうちました。

妊娠検査薬は海外製のものも使用しており、海外製のものは高温期10日目頃からうっすら線がでました。

日本製のものも14日目ころには線がでました。

 

妊娠希望で生理不順の方は早めに病院に行っておくといいと思います

著者:やまやまやまやま

よろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。