妊娠・出産・育児の情報サイト


私が妊娠するまでの道のり

f:id:akasuguedi:20190201110512j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私が妊活を始めたのは、結婚して2年半がたった頃。自然に授かると思っていましたが、なかなか授からず周りからのプレッシャーに焦りを感じて産婦人科に行ってみることにしました。

結果は20代の私の卵巣年齢が40代だということがわかり、先生からも子供を授かりたいなら、ゆっくりしていられないよ、と言われた言葉をきっかけに、勤めていた会社を休職し妊活に専念することにしました。

産婦人科からは、黄体ホルモンを増加させる薬を処方してもらい、先生の指示日に関係を持ち、ストレスの多かった生活から離れゆっくり過ごしていました。すると翌月に妊娠が判明。本当に本当に嬉しくて涙が出ました。

 

仕事では毎日のようにストレスを抱え、慌ただしく過ごしていたので、今思えば休職を決めることになったのは、赤ちゃんから休んでね、のサインだったのかも知れません。おかげで妊娠期間はトラブルなく出産までたどり着けました。

ストレスのない生活がどれほど大切か痛感したので、妊活で悩んでる方、お仕事をされていたら思い切って休んでみるのもいいかも知れません。仕事はいつでもできますが、赤ちゃんを授かれることは奇跡なので、最優先してみてください。

著者:ぴよりママ

待望の第一子を授かり、妊娠中、大きなトラブルなく出産できました。ただいま、愛娘との大切な日々を楽しんで過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。