妊娠・出産・育児の情報サイト


「初産婦は陣痛が5分間隔になってからきて!」助産師のさんの言葉を信じたら子宮口がビックリな状況に

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

里帰り出産で予定日より6日早く男の子を出産しました!今はもうすぐ2ヶ月になります。

 

出産当日はちょうど新月の日。満月や新月の日は出産が多いという話を聞いたことがあったので、「新月の日に出てきなよ~」とお腹によく話しかけていました。

2日前の健診では、子宮口は1cmしか開いておらず、そして体重も注意され(14kg増えました笑)、まだまだ生まれないとお医者様から喝を入れられていた私。

「このままじゃ予定日超過するよー」「お母さんが太りすぎちゃうと、赤ちゃんも生まれる時に大変になっちゃうんだからね~!」と言われて焦り、「このままではいけない!」と思ってお散歩&ストレッチととにかく体を動かしまくりました!

そして当日の朝5時頃。寝ていたところ、なんとなーくお腹が痛いような、軽い腹痛のような痛みが。

「これが前駆陣痛ってやつか?」と思いながら、スマホにインストールしていた陣痛アプリで計測。けれど、間隔は50分とか1時間半とかで、バラバラでした。

痛みもすぐ和らぐので、ベッドでウトウト。ちなみにこれまでに前駆陣痛を経験したことがなかったので、陣痛の痛みがどんな感じか、陣痛と前駆陣痛との違いなど全然わかりませんでした。

そんなこんなでお昼前になり、痛みの感覚が少しずつ短く、強くなってきました。どんな感じかというと20〜30分間隔で脇腹がつままれるような痛さです。

母に今の状況を伝え、「新月に生まれてきてねって言葉、赤ちゃんも聞いててくれたんだね~」なんて笑って話していました。

そして、旦那にも連絡。旦那は、里帰り先から電車で2時間ほどの距離に住んでいるため、立ち会い出産は希望せず、生まれそうになったら連絡→仕事を切り上げて産院へ来るということになってました。

ちなみに、産院からは「経産婦は15分間隔、初産婦は5分間隔になったら連絡すること」と言われていました。

初産婦で10分間隔だとまだまだ生まれないことが多く、1度家に返されることもあるとか…。

夕方になるにつれて、痛みがますます強くなってきて、脇腹~お尻の上あたりをえぐられる感じに。その度に「痛い~!」と叫びまくって母がお尻の上をさすってくれていました。

関連記事:バルーン2回、陣痛誘発剤、人工破膜、とどめは看護師さんの「フライングボディプレス!」 byクロ

スマホを片手に持ち、何度も産院に電話しようと思いましたが、間隔は3分の時もあれば、15分の時も…。産院からの「5分間隔」という言葉が頭を遮り、「家に返されたらやだ!」と思って、我慢し続けました。

でも、今考えれば、よく我慢したな~て感じです(笑)。

そして、いよいよ我慢出来なくなり、17時40分にに電話!

状況を伝えると、電話先の助産師さんも「んー、15分の時もあるのかぁ…」と言葉が詰まりつつも、「じゃあ、とりあえず来てみて」と言われ、母の運転で病院へ!

この時、家でトイレに行ったのですが、おしるし?のような赤い鮮血がナプキンに初めて付いていました。

もう、歩くのすらままならず、車の中でも座っていられなくて、「痛い~」と泣き叫んでいました。

18時50分に病院に到着し、そのまま診察台の上へ。

電話対応をしてくれた助産師さんが、かなり痛がる私の様子を見て「えー!そんな痛い~?だってまだ15分とかあるんでしょー?」と若干呆れたような感じで笑いながら言いました。

しかし、診察台での子宮口の大きさを見て一変!!!

「あらま~!9cm開いてるよ!もう産まれるよ、これ!よく我慢したね!!!」と言ったのです。

その言葉に私もびっくり!そして母もびっくり(笑)。

 

急いで入院の手続きをし、そのまま陣痛室へ。痛すぎてずっと叫んでて、母と助産師さんがつきっきりで腰をさすってくれました。

ふーう!ふーう!という呼吸法を行い、もう汗だく。

「もうやだー!痛いー!!!」と何度も叫び、その度に助産師さんから「赤ちゃんも頑張ってんだから!」と怒られる始末…。

その後、分娩台へ移動し、すぐに産まれるのかと思いきや、「もうちょっとかかるかなぁ。」とお医者さん。どうやら、赤ちゃんの頭が大きめらしく、なかなか産道を通れなかったようです。

「いつ産まれるの~もうやだ…」

「痛み耐えられない~早く生まれて~」と何度も絶叫しつつも、痛みに耐え続け、ついにその時が!

「じゃあ、次の波で産むからね!」と言われて、いきみ、3回くらい繰り返して、何やら足の間からブツが出てきた感覚が!

「おぎゃー!」

とすぐに泣き叫び、元気な男の子が出てきてくれました。

病院に到着してから4時間のスピード出産!

 

関連記事:子宮口全開になるまで頑張ったけれど、ギリギリのところで帝王切開に

 

会陰切開も行い、その後縫いましたが、陣痛の痛みに比べたら全然痛くなくて、縫われてる感覚もまったくありませんでした。

 

とにかくいろいろ痛かったけど、赤ちゃんに会えた瞬間、痛みも吹っ飛びました。

そして旦那も到着したので私の両親と旦那が赤ちゃんとご対面!

とても喜んでいました。

 

陣痛間隔5分

その言葉を信じ、すごく我慢した私。今考えると、「すごいな~よくがんばれたなー」と自分を褒めてあげたいです。

そして、頑張って生まれてきてくれた赤ちゃんも褒めてあげたいです。

 

 

これから出産を迎える方、可愛い可愛い赤ちゃんに出会えるので、ぜひ頑張ってください!

 

著者:ゆん

第1子である男の子(生後2カ月)の子育てに奮闘しています

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。