妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんが産まれた日

f:id:akasuguedi:20170812234759j:plain

f:id:akasuguedi:20170810175735p:plain

その日は出産予定日で朝から町内会の大掃除の日だった。

ちょうど日曜日で旦那も仕事が休みで朝一緒にご飯を食べて食後のデザートにアイスを食べた。

「今日来るかな~、予定日に来たら天才だね~」などと話しながら家の前の大掃除。

5分くらい掃除してたら、何か漏れるな~、尿漏れかな~と思ってトイレへ。

 

そしたらうっすい血がちょっとだけ。

急いで病院に電話。

診察で診たいとのことで行く事に。

一応入院セットも持って来てくださいと言われ、大掃除中断。旦那と一緒に病院へ。

 

そこの病院は日曜も診察してて、凄い人!

でもすぐに診察室で見たら子宮口が指2、3本分空いてるとの事で入院決定ー!そのまま待機のお部屋に移動。

お互いの親に連絡してみんな昼過ぎに到着。その頃はまだ余裕あったな~笑

 

ただ陣痛というものが徐々に感じ始めて。痛みが定期的な時間に来る。

あーきたきたー、辛いよー

その痛みも時間が経つに連れて大きくなっていった。

だいぶ子宮口が開いたので点滴した、その瞬間吐き気と震えが止まらなく死にそうになった。(この後もっと死にそうなのに)

吐き気も落ち着いて、陣痛の痛みの感覚が段々短くなって行き、移動しましょうと分娩室へ。

みんなで入れて最初は心強かったんだけど、もう産まれるね~との事で旦那だけが残り他の家族は外に。

 

恐いよ~と言いながら横で見守ってくれる旦那。

大丈夫、ちゃんと横にいるから安心して。と手をぎゅっと握ってくれた。

この事は今でも忘れない。

最初は立ち合いする気がなかった旦那。恐いからいいって。

でもあたしは立ち合いして欲しくて。

日が経つ事に大きくなるお腹。一緒にお腹に話しかけてくれる旦那。

いつのまにか立ち合いするって。

なんで?嫌じゃないの?って聞いたら職場で立ち合ったほうが絶対いいって言われたんだって。

なんと単純な。注射恐いくせに。

大丈夫か?と思いながら凄く嬉しかった。

横にずっと居てくれる、陣痛が来るたびに頑張れ!、と、丸まる背中を支えてくれた。

 

あたしはもう陣痛の痛みがきてそこから踏ん張る!

みしみしと産まれてくる赤ちゃんが伝わる。痛すぎる。

こんなに痛いのかと思い無痛にしなかった事を後悔。

今無痛はもう無理だよ。と言われ無痛にすれば良かったーと叫びながら踏ん張る。

みしみし。みしみし。毎回この音が。辛い。恐い。痛い。

 

でもずっと旦那はうちわを扇いでくれたり声をいっぱいかけてくれて。

まだ?赤ちゃんまだなの?と言いながら陣痛の痛みに耐えた。

頭が見えてきたよーと言われた。

でもそこからがきつかった。

陣痛のたびに頭は出てくるものの陣痛が治ると中に戻っちゃう赤ちゃん

ちょっとでも踏ん張りが弱いとだめだ。

そして今日絶対産むんだと。予定日通り産んでやる!と気合いいれた。

あーきたきた。陣痛め、あーその後の踏ん張り。

痛いー、裂けるー、(結果裂けたんですけどね。)

赤ちゃんの頭出てきたよー、もう一踏ん張りだよー、助産師さんも声かけながら赤ちゃんが出てこれるように陰部を伸ばす。

その時、

旦那さん、頭そこから見えるよって助産師さんに言われて見て、あたしに

はっちゃん、もう見えてるよ、○○(赤ちゃんの名前)もうすぐだよ!頑張れ!って。

くっそー!なんでスムーズに出てこんのだ、引っ込むな、頑張れあたし。と思いながら最後の力を振り絞る。

何回振り絞ったか覚えてないけど、次の陣痛で頭出してやると思い無我夢中で踏ん張る。

みし…みし…みしみし…痛さのあまり気絶…。

ふと気付いたら助産師さんの声が。

力抜いて~、呼吸して~。

頭が出たのだ。

あとはにゅるっと出た感じですっきり。足も出ておぎゃーって泣く赤ちゃん

旦那が、産まれたよ、お疲れ様。って。

外でも親や祖母がやったー!って聞こえて来た。

終わったんだーと思いあたしは疲労でくたくた。

陣痛が来て踏ん張る度に背中を支えてくれてずっと声をかけてくれた旦那。

夫婦2人で一緒に頑張って産まれたんだね。と今この文章を書きながら思った。

 

中には邪魔だの見られたくないだの思う人もいるし、痛い思いしたのはあたしだけだけど、隣に頼れる旦那が居たからこそ頑張れたし立ち合ってくれて本当に心強かった。

多分星が出たアイスの事も2人して忘れてたけど、偶然は重なるんだな~と写真見て思い出した。

朝から破水っぽいのきて、病院行って陣痛来て分娩室に入って4時間。

長い1日だった。

それでもずっと側に居てくれて支えてくれて声かけもしてくれて…

ありがとう…。

著者:はにゃこ

体験をそのまま書きました。文章が下手なのでうまく伝わらないかもしれないし感動もないかもしれません。でも2人の赤ちゃんなのでやっぱり立ち会ってもらってあたしは良かったと思ってます。

立ち会うか立ち会わないか考えてる方がいるなら是非立ち合ったほうが後悔はないと思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。