妊娠・出産・育児の情報サイト


総合病院での出産。入院グッズも準備があり、費用もほとんど一時出産金で賄える

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は最初無痛分娩を希望していたので、市内で唯一無痛分娩ができるレディースクリニックへ行ったのですが、その時点で予約がいっぱいで断られてしまいました。

結局その病院からの紹介で隣の市の総合病院で出産することに決まりました。

結果から言うと夜中に出産したので自然分娩になってしまったのですが、先生も助産師さんもとても良くしていただいて満足しています。

 

部屋は全て個人部屋でとても広かったです。冷蔵庫もあったのですが初日はベッドから起きられず取りたいものが取れませんでしたが。。。来客用の椅子もあるので気兼ねなくおしゃべりできます。洗面所もあるので手洗い歯磨きもできます。テレビは有料でインターネットはありませんでした。トイレとシャワーは共同で、シャワーは予約制でした。でもだいたいいつも入りたいときに入れました。

あと、すごく助かったのが、入院グッズをほぼ全て病院で用意してもらえました。パッド、ティッシュ、コップ、お箸、ベビー服まであったので本当に助かりました。

あと、病院内の食事は可もなく不可もなくだったのですが、お祝い御膳やマッサージなどのサービスもしていただきました。

助産師さんたちは赤ちゃんについてわからない事があれば親身に教えてくれました。

 

入院日数は初産の場合通常6日との事だったのですが、夫の都合が1日前の方が都合がよく、私も病院内で退屈だったので5日で退院しました。

総額は出産一時金を使用後で2万円弱だったと思います。入院時に10万円を前払いし、

1か月検診の時に差額を返金してもらいました。

無痛分娩から自然分娩になった事と入院日数が1日減ったのでお安くなったのではないかと思います。

でも、最初に断られたレディースクリニックは普通分娩で70万円くらいと言われたので結果的にこの病院でよかったなと思いました。2人目を妊娠しているのですが、またこの病院にお世話になる予定です。

著者:erika

茨城県在住。2015年に結婚し、2017年に長男を出産。今は夫と自営業をしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。