妊娠・出産・育児の情報サイト


産んでからも痛いし辛いの!?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

陣痛で丸一日苦しみ、緊急帝王切開でやっと我が子に会えた時は喜びと感動が溢れてきました。

「よく頑張った!もう痛い思いは懲り懲りだ!」と安心したのもつかの間。麻酔が切れた後の腹痛は耐え難いもので、病室で唸り声を上げながら一日を過ごしました。

寝返りを打つことも出来ず少し動くと傷跡が痛む…。赤ちゃんのお世話なんてできないし、産んだ後もこんなに辛いの!?と衝撃でした。

ですが、傷の痛みは日に日に回復し、2日目にはベットから起き上がれるように、3日目には一人で歩けるようになりなりましたが、次に襲ってきたのは高血圧でした。

術後、子宮収縮剤を処方されておりその薬から高血圧を引き起こし、動悸、頭痛、耳鳴りで夜は眠れず、なかなか点滴も取れず、回復しない体調に嫌気がさし精神的にしんどい入院生活でした。

 

退院が一日遅れたものの、無事に里帰りし、次は育児で眠れない日々。本当の自分を取り戻し心に余裕が出来たのは出産から1ヶ月後辺り。焦りや苛立ちも落ち着き、赤ちゃんとの日々を楽しく過ごせるようになってきました。

初めての育児は分からない事ばかりで不安も多いけど、頑張り過ぎないことと、気持ちを大きく構えること。全て完璧になんてこなせない。ほどほどに手を抜いて自分のペースで家事や育児を楽しむ事が大切だと感じました。

著者:あゆみ

結婚から一年後に妊娠。

28歳で帝王切開で出産しました。

0歳2ヶ月の男の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。