妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかの2時間半出産!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

夜中1時に自宅で腹痛を感じ目覚めました。

トイレとベッドを行き来し、治るのを待っていたのですが、頻度が多く主人を起こしてしまうと思い、1階へ降りました。目覚める前はお腹の中がグルグルと動く夢を見ましたが、お腹を下したのかと思いました。

陣痛間隔をはかるアプリで時間をはかりながらトイレとソファを行き来し、うろちょろと動いていました。

1時間ほど我慢して歩きまわっても、あまりにお腹が痛いので、主人を起こしました。病院に電話してみようとなり、電話するとすぐきてくださいとのこと。

着替えと泊まりの支度を済ませて車へ。目覚めてからは基本的にずっと腹痛でした。

 

妊婦でもシートベルトは必ず付けていたのに、お腹が痛過ぎて締められない程。病院に到着すると分娩室にとりあえず通されるも、痛みで止まりながらでないと歩けなく、ようやく分娩台に横になると子宮口は全開と言われました。

すぐに呼ばれた主人には喉が渇き水を飲みたいとお願いしました。

いきむのはまだだろうと思っていたのに、割とすぐにいきんで良いと言われ、間隔ごとにいきみました。

鶏の卵くらいの大きさの頭が見えてますよー、お父さん見てみてくださいー、なんて言葉も聞こえながら、ほとんどが看護師さんひとりでみてくださり、もう産まれる!って頃に助産師さん?と看護師さんが1人ずつ加わりました。ギリギリで先生も(笑)

産まれた瞬間は自分が馬になったイメージでドロドロっといっきに出てくれました。泣くかな?と思うと、おろろろろと溺れたような泣き声。主人に溺れてない?と聞いたが、すぐにちゃんとした泣き声が聞こえ安心。

後で聞くと膜に包まれて産まれてきたそうです。

 

その後、主人と感動を噛み締め、カンガルーケアで胸元に赤ちゃんを抱かせていただきました。5週から待っていた赤ちゃん、可愛くて可愛くて幸せでした。

30歳、初産でしたが2時間半のスピード出産でした!息子は52センチ、3,948グラムのビックボーイでした。

著者:Tomoly

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。