妊娠・出産・育児の情報サイト


分娩中に笑えた話。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

朝3時頃に、『ん?下痢かな。』と、腹痛で起きました。気づけばトイレと布団を行ったり来たり。まさか!と思った朝4時。母親を起こして「とりあえずごはん食べようか」と言われ朝ごはんを食べました。まだまだ痛みには余裕がありましたが、徐々に動けなくなりました。

陣痛感覚は5〜10分おき、とりあえずどうしていいかわからずかかりつけ医院に連絡しました。すると「すぐにきてください」と言われ、寝ぼけ眼な父も起こし、すぐに病院へ。

私の勘ではもう数時間で産まれるだろうと思っていましたが、子宮を内心すると2cmでした。いや、もうゴールは見えた、となぜか自信たっぷりで、陣痛なんて楽勝だわ、なんて思い、アイスを食べる余裕もありました。

 

微弱陣痛がつづき何度も助産師が内診してくれましたが、子宮口は2cmとすすまなず、時間だけが過ぎていきました。気づいた時は18時。痛みは増強。でもまだ3cmで時間は経っていきます。

私の背中や腰を一生懸命にさすってくれている旦那にも疲れがでてきました。

痛い、とにかく痛い、テニスボールなんて意味がない、とにかくトイレで力みたい。だめだ、痛い。『あー!痛い!』と声が荒くなっていきます。ベットの柵をたたく、シーツを剥がす、点滴の針が抜けかける、力みたい。

勝手にトイレにいっていたら、助産師に怒られました。

あー、だめだ、また力みたい。

 

再びトイレにいくと『ボチャン』と音がし、破水してしまいました。

旦那に助けを呼ぶと、必死に『は、、はすいです!!』と看護師さんを呼んでくれました。トイレのドア超しに旦那の慌てふためいた声がしっかり聞こえ、少し冷静になれました。

案の定、勝手にトイレにいったことをまた助産師に怒られました。

 

徐々に痛みが強くなった、あー!だめだ、助けて、あー!痛い痛い痛い。

 

陣痛室には私より後に入ってきた方がいましたが、その方はもう既に出産し終えていました。

時計をみると陣痛がはじまってもう20時間。 徐々に痛みが強くなり、内診してもらと「そろそろ分娩室いきますか」と言われました。

分娩室に入ってもじっとしていることが苦痛で、なぜか左手には飴玉のゴミを握っていました。 右手は旦那が手を握ってくれていました。

 

夜間帯の医師がきて出産に向けての物品が準備され、スタッフが集まってきました。『あ、あの看護師さんみたことあるな、新人さんかな』と感じたのは覚えています。

 

とうとう出産。「お腹張ったら力んでねー!」と言われましたが、もうなにが痛いのかなにが張ってるのかわからず、とにかく力みました。

2回力んだところで「もう頭が見えてるよーもうちょっとだよ!」と助産師さんの声。医師は冷静に赤ちゃんの頭を持っているように見えました。自分では頭が出てるという感覚がよくわかりませんでした。

でも、次で生まれてくる!という絶対的自信のもと、ちょっと微笑みながら、最後の力み。『これで終わる!!んーーーーー!』

3回目の力みでしたが、出産は終わりませんでした。

 

「もうちょっとだよー」と、またも助産師さんの声。 医師の表情は変わりません。いつ産まれてくるんだ。いつ終わるんだ。 狂い始めた私は「痛い!もーう無理。せんせぇ〜!絶対次だよ!絶対もう引っこ抜いて!もう無理ー!!」と言っていました。

先生は頭を両手でもち、出てくる赤ちゃんを一点に見つめながら「力みによるかなー」と冷静に一言。ごもっともだなと思い、私も冷静になり、陣痛で痛いはずが、何故か笑えてきてしまいました。

 

そして4回目の力みで元気に産まれてきてくれました。 でもお腹が張ってきたら力んで!という助産師のアドバイスは、今になって振り返ってもよくわかりません。

排便を思いっきり出す!というのが正解でしょうか。

お尻からスイカをだす、というのが正解でしょうか。

 

30秒もすれば口の中が唾液であふれてくるよだれつわりが、妊娠5週目から産後4日まで続いていました。

妊娠から出産まで本当に大変だったなあ。

そして、自分が働く病院で産むのはそれなりの覚悟が必要だと感じました。

看護師の私が患者になって気づいたことがたくさんあります。

これからの仕事に生かしていこうと思います。

著者:えみち

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。