妊娠・出産・育児の情報サイト


お腹の中が心地よかった我が子

 

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

生産期に入り、子宮口は1センチに開いていました。順調だーと喜んでいたものの、翌週の検診でも変化無し。徐々に開くものじゃないのか?!そして開かぬままあっという間に予定日当日を迎えました。

予定日過ぎても変化が見られなかったので、促進剤使っての入院が決定。

一日目、旦那と一緒に病院へ行きました。先生からは、一日目は錠剤で、効果は薄めと聞いていましたが、陣痛がつく可能性もゼロではないので、旦那に会社を休んでもらい病院へ行きました。何も起きずその日はピンピンしたまま一日が終わり、こんなに効かないものなのかと思いました。

 

2日目からは点滴になりました。前日のこともあったので、旦那は会社へ。一応いつでも帰宅できるようにねーと念押ししたものの、必要なかったようで、元気に一日がすぎました。

 

3日目、三度目の正直!と思いましたが、この日は前日から便秘気味だったので、点滴直前に浣腸実施。これが失敗だったようで、点滴のせいか、浣腸のせいか、どっちかわからない腹痛に襲われました。

少し陣痛の波もあるようでしたが、下痢の痛みといった感じで何度もトイレに行きました。NST外すのに看護婦さんを待ってられず、途中から自分で外してトイレに行かせてもらいました。

痛みと陣痛間隔が狭まったので、途中で点滴中止に。旦那呼ばないの?と一人でソワソワしていました。

しかし旦那が到着する頃には陣痛の波がひいていました。昼間はギリギリ10分間隔できていたのに、その痛みはどこへ?旦那からも「本当に痛かった?」と投げ掛けられました。

はい、激痛でしたよ。

 

ギリギリ波が残ってるので、旦那は一時帰宅してお風呂&御飯をすませることになりました。するとその外出中に、NSTからはじめてきく異音が!慌ててナースコールすると、なんと医者も一緒に現れた!

何事かと内診etcが終わるのを待つと、医者から、

胎児の心拍が一時落ちた」と言われました。

旦那が戻ってからもう一度同じ説明を受け、夜に状況次第で緊急帝王切開と言われました。しかしその後は赤ちゃんも元気になったみたいで、心拍安定。

不安だったのでNSTは一日つけてもらいました。

 

4日目、朝の診察。前日のことがあったので、旦那も会社を休んで一緒にいました。陣痛がなかなかつかないので、週末一時帰宅して翌週再トライか、前日のこともあるから、今日帝王切開、どうする?と打診されたので、二人で帝王切開をお願いしました。夕方4時まで待ってみて、ダメなら帝王切開という方向に。

 

時間まではとにかく動いてと言われ、病院中を不審なくらい歩き回りました。けれどあっという間に時間はすぎ、4時を迎え帝王切開へ。そこからはあっという間。無事に産まれてきてくれました。LDRを4日間占拠したにもかかわらず、準備したテニスボール、新調したビデオカメラ、待機した旦那さんは出番無し。

けど、無事に産まれてくれてありがとう。

 

いざってときは帝王切開と妊娠した時から旦那と話していたので全く迷わず受け入れられたけど、麻酔切れてからが、結構辛かったです。

まっすぐ立てない。歩けない。けど、早く動いた方が離床も早いときいて、翌日から頑張って動きまくりました。

一番辛かったのは、笑うと激痛なことです。うっかりツボに入ったら最後、笑いすぎて死にそうってのは、このことだ!と思いました。

著者:ふぁん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。