妊娠・出産・育児の情報サイト


産後の出血

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

待ちに待った出産。

出産時の出血が通常の4倍と多かったものの、分娩時間が4時間だったせいか、比較的元気で、産んだ夜は産後ハイの感動と興奮でいっぱいでした。

翌日からも腰痛や会陰の痛みなどはあるものの、我が子が可愛くて仕方なくて、お世話を頑張ることができました。

入院中の5日間は、親戚や友達、同僚がたくさん会いに来てくれ、嬉しい毎日でした。

 

ところが、退院した翌日の夜に悪露が急に止まらなくなり、ドボドボと出血がありました。手のひら大の固まりも出てきました。

慌てて病院に電話したところ、止まれば大丈夫ということなので、様子を見ました。

心配になりながらもとりあえず出血は止まったので、今まで以上に安静にするようにしました。

 

その2日後、嫌な感じがしたのでトイレに駆け込むとまたドボドボと出血。またまた手のひら大の固まりも出てきました。そして、そのまま目の前が真っ暗に!

貧血で倒れてしまいました。

落ち着くと、トイレは殺人事件のように血だらけ。大変なことになっていました。

病院に電話しても前回と同じ回答。さすがに心配になり、翌日診察に行きました。

 

子宮の状態は悪くなく、出血の悪い原因は特に見当たらなかったのですが、ひどい貧血になっていました。

立ち上がるのもやっと、歩くのも壁をつたって何とか…という状態。顔色も真っ青でした。その日から毎日、鉄分の注射のために通院することになりました。

 

ようやく貧血が治ったのは、産後1ヶ月健診のころ。

何が原因だったのかはっきりとは分かりませんが、入院中に元気だと思って動きすぎてしまったこと、妊娠後期からあった貧血はその要因の一つではないかと思います。

出産よりも産後の出血で命の危機を感じました。産後はとても一人では子どものお世話ができないほどの不調でした。

 

妊娠を希望してる皆さん、ぜひ妊娠前から鉄分をしっかり蓄えてください!

出産を控えてる皆さん、産後赤ちゃんのお世話以外、とにかく寝たきりで体を休めてください!

私の経験が、どなたかのこれからの元気につながりますように。

著者:あやか

結婚して1年半。双子の妊娠、渓流流産を経験し、1ヶ月前に男の子を出産しました。慣れない育児に奮闘中の30歳です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。