妊娠・出産・育児の情報サイト


逆子で帝王切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠27週で、逆子が発覚しました。次の検診でも逆子が治っていなかったので、逆子体操をするように言われました。その時に、逆子だと出産の際のリスクから、帝王切開になると聞き、一気に不安になりました。

自分の中では普通分娩とばかり思っていたので、その日からネットで逆子を治す方法について色々調べました。

逆子体操については最初半信半疑であまりしっかりやりませんでしたが、週数が進んでもなかなか逆子が治らなかったため、逆子体操+お灸も病院で処方してもらいました。

 

最終的には外回転術をお願いしましたが、結局治らずに帝王切開に至りました。

 

最初の頃は不安で仕方なかったですが、帝王切開かもと言われてからは、ネットで色々調べたり、周りの友達に聞くと意外と帝王切開で出産した人もいることがわかり、最終的には腹を括ることができました。

 

手術に関しては、病院が週二回しか予定の帝王切開をしておらず、なおかつ既に予約が入っている関係で手術日が、健診した2日後か、39週に入る直前かしか選ぶことが出来ませんでした。

病院側的には39週直前はいつ破水が起こるかわからないということで避けたかったようですが、あまりに急すぎたので覚悟ができず、38週の最後の日が手術日になりました。

 

その日から破水が来ないように安静にしていましたが、ある日トイレに行くとおしるしが。

陣痛破水があればすぐに病院へと言われていたのですが、不安になり病院に電話したところ、来るように言われ、受診すると、陣痛が少しあるので、手術をしようかと言われました。

そして、点滴、導尿、麻酔を経てあれよあれよという間に手術室へ、向かい無事子どもが誕生しました。

 

術後次の日には歩行を開始。近くのトイレへ行くのもやっとでした。また痛み止めを無理せずもらうといいとネットに書いてあったので、念のため貰っておきました。

術後の経過も全てネットで予習済みだったので、ある程度想像していた通りに過ごすことができました。

 

帝王切開の可能性を告げられてから不安でしたが、私の場合は色々調べることによってある程度不安を解消することができました。

著者:つつちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。