妊娠・出産・育児の情報サイト


ありがとうは毎日伝えても足りない

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は悪阻が酷い方で、毎日3〜5回の嘔吐、立つとすぐ酔うのでいつも寝ている状態でした。その間は仕事で忙しい主人が100%家事をしてくれて、私が食べれそうな物を買ってきてくれたりと感謝しきれません。

 

5ヶ月目にしてようやく悪阻が終わり、今度は胎動をはっきりと感じるようになりました。主人は「お前は俺の味方になるんだぞー」とお腹の子に今から危険な(?)暗示をかけていますが、そんな主人のお陰で楽しいマタニティライフを過ごせています。

 

初めての妊娠で周囲の方々からのサポートがどれだけ有難いか痛感しました。

来年の主人の誕生日には、喜んでもらえるサプライズを赤ちゃんと用意出来たらいいなと思っています。

著者:はーな

実家から遠く離れた地での初めての妊娠。切迫流産で絶対安静の時期もありましたが、有難い事に5ヶ月目まで赤ちゃんが育ってくれています。親からのサポートを望めないだけに、主人の献身的なサポートが本当に助かります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。