妊娠・出産・育児の情報サイト


帝王切開のホント!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

はじめての出産は、逆子ちゃんがなおらず、38週での帝王切開でした。その時の体験記です。

 

みなさんは帝王切開のことよく知っていますか?私は帝王切開についての知識が全然ありませんでした!

出産が近づくにつれて、友達と話すのは普通分娩のこと。どれだけしんどいのか、陣痛の時のイメージトレーニングや呼吸法はどんなんだ、

「病院にこれは持っていったほうがいい」

「旦那さんにこれを頼んだほうがいい」

というようなアドバイスは友達からたくさん聞いていました!自分でも不安が大きく、おしるしのことや破水のこと他にもいろんなことを調べた記憶があります。

 

しかし帝王切開に決まってからは、そんなに調べなかったし友達にも聞かなかったような。その時の心境としては

「手術だから自分ではどうにもできない。お医者さんに任せて、無事に赤ちゃんが生まれてくれたらそれでいい」

という感じでした。なんなら「計画手術だから、横に切ってもらえるから良かった!」くらいなもの。ものすごくお気楽な考えでした。

 

そんな私の手術当日。

手術室に入るまでは全くもって平常心でした。しかし、いろいろと予想と違ったのがここからです。

想定外一つ目は下半身麻酔。麻酔が効きだすといろんな症状がでるようです。私は気持ち悪くなりました!胸が苦しいような気持ち悪いような、心拍もものすごい速さになり、すごく怖くなりました。

 

そして手術が始まります。感覚はありますが痛くないので、緊張と不安でドキドキしている程度です。

そして「赤ちゃんでてくるよ〜」の先生の声のあとに、赤ちゃんの産声が聞こえました。赤ちゃんを横に連れてきてくれて見れたときには、ホッとして緊張の糸は切れました。その後処置があり、手術は1時間程度で終わります。旦那、父と母が待つ部屋に戻りました。

 

そしてここから想定外二つ目。部屋に戻ってから

「だんだんと麻酔が切れていくけど、点滴で痛み止め入れてくからね」

と看護師さんに告げられ、きっと大丈夫なんだろうなくらいでいた私。甘かったです。お腹から徐々に麻酔が切れていきますが、傷口はお腹です。どんどん痛くなります。傷口といっても、見えているところだけ切っているわけではありません。子宮もその周りにある筋肉も切っています。本当に本当に、どんどん痛くなります。13時ごろの手術でしたが、その日は痛くて寝られませんでした。

6時間毎の点滴での痛み止めの間に、筋肉注射の痛み止めを何度も打ってもらいました。この痛さは本当に想定外でした。

 

普通分娩に比べれば、陣痛に耐えたりいきんだりしないぶん体力は使わないのかもしれません。けれど確実に痛みは強く、体もしっかりヘロヘロになりました。

次の日には導尿が抜かれ歩き出しますが、前屈みで動きは亀並みのスピードでした。

寝返りもできないくらい痛いですが、少しずつでも動かないと褥瘡になってしま

うし腰も痛かったです。

 

とは言っても人体はすごいです。あと赤ちゃんパワーもすごいです。日に日に痛みは良くなり、赤ちゃんとの生活に癒されます。安心してくださいね。

 

私自身、友達から帝王切開の話を聞くことがありませんでした。

同じ立場の方々に「帝王切開ってこんな感じなのか」と思ってもらえたら嬉しいです。

著者:きよこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。