妊娠・出産・育児の情報サイト


キムチ鍋で陣痛

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日は既に5日ほど過ぎていました。

出産日2日前に健診があり、子宮口も全然開いておらずまだまだかかりそうと言われました。その日の夕飯はもうやけ食いというほどではないですが、少し刺激強めのキムチ鍋を食べて就寝しました。

 

すると深夜2時ごろいつものようにトイレに起きるとおしるしがあり、生理痛のような懐かしい感じの腹痛が来ました。そこから暫く鈍い痛みは続き、日中はその痛みとずっと戦っていました。

昨日まだまだと言われたばかりだったのでまさかと思ったのですが、これが前駆陣痛だったようです。

 

夕飯の時間になり痛みはどんどん強くなってきました。時間を測ってみると、痛みの時間は大体30秒前後、感覚はまちまちでまだ10〜20分という感じでした。

20時を過ぎた辺りで気づいたら10分を切っていました。病院に電話したところ

「5分くらいになってら来て」

と言われ、そこからまた痛みと戦いました。四つん這いになってみたり、立ってみたり、色々試しましたが楽な姿勢は見つからないままとうとう5分を切りました。

 

病院に行ったのは間隔が2〜3分になってからです。すぐ分娩室に入り、子宮口を測ると7〜8センチとのこと。よく雑誌とかでテニスボールで、お尻を押すのがありますが、全然やりませんでした。

分娩台ではひたすら腰の痛みと、睡魔が交互に来てた覚えがあります。間隔の合間に眠すぎてうとうとしていました。1分とかだと思うんですが、その合間に休んだり水分取ったり汗を拭いたり。

途中陣痛が弱まってしまい、長時間だった為、陣痛促進剤を使用しました。吸引分娩でしたが「これででなければ帝王切開ねー!」と医者に言われ、最後の力を振り絞っていきむと何とか出てきてくれました。

朝の8時までかかりましたが無事に産まれました。

 

健診の触診が刺激になったのかキムチ鍋が刺激になったのかは謎ですが、41週で産むことかできました。

出産時意識は朦朧としていましたが、私は今思うと陣痛よりも産後の腰痛やら筋肉痛やら子宮収縮の痛みの方が辛かったです。

著者:みき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。