妊娠・出産・育児の情報サイト


前駆陣痛からの入院、出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

40週目0日の予定日当日、自宅で長男と遊んでいるとお腹がキリキリと張ってきました。

主人に電話すると産院に行こう!と言われ受診。経産婦なので一応そのまま入院。モニターをつけても5〜10分間で張りがあったのですが結局赤ちゃんの出口はなかなか開かず、次の日の午後に一時退院しました。

主人にも先生にも申し訳なかったです。

 

帰宅前、産院ではマタニティヨガをやっていました。助産師さんに声を掛けていただき、初体験しました。

 

退院後は洗濯、掃除、夕食の準備等とにかく家事をして身体を動かしました。

そしてその早朝から前日より少し強めの波のある張りが出てきました。また産院に電話してモニターで5〜10分間隔の波を確認され、再度入院に。でも午前中の内診ではまだまだと言われました。

 

とりあえず動かないと!という気持ちと焦りから産院の階段を何度も昇り降り。

そして夜寝る前のモニターで張りの波と赤ちゃんの動きに変化が出てきました。

 

モニター終了後、就寝中の23時半くらい。

子宮が収縮するようなキリキリとした痛み。痛みの波が来ているときは息をするのも、トイレに行くのも大変なくらいでした。

間隔は5分ないくらいでしたが、また出口が開いていないと言われるのが嫌だったので朝の内診まで我慢しよう!と思っていたのですが、2時半には我慢できずにナースコールを押しました。

別室に移動し、モニターをつけられると本格的な陣痛が来ており、間隔も3分くらいだと言われてそのままベッドが分娩台に変えられました。

 

だんだんと痛みが強くなり、波が来ると息も辛くなっていました。そんな中、前日に行ったマタニティヨガ呼吸法を思い出し、実行していると少し余裕が出てきました。

波が遠のいている隙に主人に連絡して20分後に到着!

 

ちょうどそのタイミングで「次からいきんで!」と言われ、一度目で破水。午前4時9分、三度目のいきみで産まれました。

いきんでいる間、主人は手を握ってくれていました。それだけで心の支えになり、安心できました。

 

最終的に陣痛から約5時間、分娩室に入って約1時間半の安産で産まれてくれた次男。

3602g、52cmの大きめでしたが、一人目よりもすんなり産まれました。

 

経産婦ということもありましたが、直前のマタニティヨガでの呼吸法といきんでる間に手を握ってもらえた事が助けになったのかもと思っています。

著者:NaO*

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。