妊娠・出産・育児の情報サイト


妊活にトライしていた日々の心の中の気持ち

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚して二年目の時、夫も私もいい年齢なので早く子供を授かりたいと思っていました。

自然ではなかなか妊娠せず、誘発剤やタイミング法をトライして、約半年後、妊娠が判明。はじめてエコー写真を見たときは嬉しさで涙が溢れてきたことを覚えています。

もともと生理不順で、十代の頃から結婚するまで自然に生理が来たのは数える程。いつも薬を服用して生理を起こしていました。結婚してからはいつ妊娠しても良いように通院しながら身体のリズムを整えていきました。

病院で、「いついつにタイミングとってくださいね」と言われ、それを夫に伝えるときはいつもなんだか恥ずかしいような照れがあったので、診察後すぐに電話して先に日程を伝えたりもしていました。

幸いにも夫は何一つ嫌な顔せず向き合ってくれた(中にはムードが無いとか疲れてるからと断る男性もいると聞いたので)のが救いだったと思います。

妊活にトライし始めて割と早い段階で妊娠できたのは、もちろん身体的なものもあると思いますが、お互いで協力し合い、ストレスなく進めていけたからだと思います。

 

ただ一つだけ今も心が痛むのは、私が妊活中に、仲のいい友達の妊娠が分かった時のこと。私はメンタルが不安定になりやすく、その頃は少し焦りもあったし未だ子どもは欲しく無いって言ってたのに、という気持ちから真っ先に出たのは「良い〜なぁ〜〜…」の一言でした。

今でもあの時1番に「おめでとう!」って言えなかったのが忘れられません。だけどその後すぐに私の妊娠も分かりお互いにがんばろうと励ましあっていました。

が、その矢先に友達が流産してしまいました。本当になんと声を掛けていいか分からなかったです。

 

辛い思いをした中でも気遣ってくれる友達に感謝しながら私は順調にマタニティライフを過ごし、今年無事に出産しました。

周りに助けてもらいながら、今、楽しく育児しています。

妊活中の方も妊娠が分かった方も、通院中、少しのことで気分が上がったり不安定になったりするかと思いますが、まずは次のステップに向けて心のバランスを保ちながら楽しい日々を過ごせていけることを祈っています。

著者:のねずみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。