妊娠・出産・育児の情報サイト


私の陣痛から出産まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

夜中3:15お腹の痛みで起きてトイレに行き、便器を見たら鮮血で真っ赤だった。痛みは我慢できるチクチクする痛みが5分ごとに。

病院へ連絡したところ、とりあえず痛みが続くかと胎動を1〜2時間確認してほしいとのこと。5時半に痛みは続いているのと胎動はあることを確認して再度連絡。ゆっくりでいいので病院に来てOK。6時半すぎに病院に到着。

診察の結果、子宮口は2〜3cm、入院となった。痛みは続いていたががまんできないほどではないため朝ごはん、昼ごはんを食べた。朝よりは昼の方が痛みが強くなったがこれは序の口だった…。まだ会話や歩いたりは可能。1

8時ごろからさらに痛みが増して陣痛室でNSTをし、また自分の個室に移動し、食べれるうちに何か食べた方がいいとのことだったが普通のごはんを食べる元気はなく、ヨーグルトとみかんを食べた。少し休んでから分娩室へ移動。

そこからは、痛みが強くなったり弱くなったり、間隔が短くなったり長くなったりその繰り返しで分娩には至らなかった。夜も過ぎ、朝を迎えた。体力が限界で痛みが止んだ時に寝落ちし、また痛みがすぐくる。

 

先生が診察に来て、陣痛がまだまだ弱いから陣痛促進剤を使うことになった。様子を見て段階的に点滴を入れていき、徐々に痛みが強くなってきた。いきみたくなってきたがまだのようで旦那さんにおしりをボールで押してもらって楽になった。

助産師さんがお産になりますと言うと陣痛の痛みに合わせていきんだ。局所麻酔をして会陰切開した。痛みはMAXに達して、破水もして最後の力を振り絞っていきむこと5回くらいだったのだろうか、すぽんっという感覚があり産声が聞こえた。すると今までの痛みが嘘のようになくなった。長かった出産がやっと終わったという気持ちと我が子を胸の上で抱っこして無事に産まれたんだとホッとした。

著者:ピカちゃん

35歳初めての妊娠、出産、そして今、育児に奮闘中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。