妊娠・出産・育児の情報サイト


伝い歩きから手を離せない姿を見て思い出したもの by ぽんぽん

 

 

f:id:akasuguedi:20190301092702p:plain

f:id:akasuguedi:20190301092718p:plain

f:id:akasuguedi:20190301092731p:plain

f:id:akasuguedi:20190301092741p:plain

生後9ヶ月の終わり頃には伝い歩きでスムーズに動けるようになり
ソファーからテーブルへ、テーブルから壁へ、壁から棚へ…と伝い歩きで移動。

ハイハイ(ずりハイ)よりも伝い歩きの方が多く見るようになっていました。

関連記事:子どもの成長はそれぞれ。分かってはいるけどつい比べて不安になってしまう!


掴まる対象から対象へ移る時に2、3歩手を離して勢いで歩く(なだれ込む)ので
もしかしたらもう歩けるんじゃ・・・?と思いましたが
掴まるものがないところでは立っていることもできません。

ちょこっと手を添えればしっかり立てるのになんで!と思いつつ、
スケートが上手く滑れなかった頃の自分の姿と重なりました。笑

f:id:akasuguedi:20170509102050p:plain

著者:ぽんぽん
年齢:30歳
子どもの年齢:1歳、3歳

妊娠・出産・育児にあれこれ理想を抱いていたが、なかなか思い通りにはいかず空回りしまくる日々。次男の出産を機に育児ブログを書き始める。日常の出来事や成長記録、悩みなどを老後に読み返して懐かしむために残しています。

ブログ:ぽんぽん子育て

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。