妊娠・出産・育児の情報サイト


保育園は準備するものがいっぱい!とにかくたくさん必要だったものは…

f:id:akasuguope01:20180311121531j:plain

保育園に入園するとさまざまなものを準備する必要があると聞いていましたが、我が家の場合、とくに洋服をたくさん揃えました。

第一子は0歳児クラスで入園しました。そのため、自宅ではまだロンパースやカバーオールなどセパレートではない服を着せることが多かったのですが、保育園では上下別の服が必要です。

 

また、例えば「前がボタンやホックで開閉するズボンはだめ」、「チャック式のものはNG」、「誤飲を防ぐためかざりやボタン付きのものを避ける」などの決まりもあったため、手持ちのセパレートの服も保育園用には使えないものばかりでした。そのため、肌着や靴下も含め、かなりの枚数を大急ぎで用意しなければならなかったのです。

最初に購入したときは、とにかく枚数が必要だったので安さを重視。コーディネートのしやすさや耐久性のことはあまり考えていませんでした。

しかし、結果としてそれは大失敗! 保育園では着替えをたくさんしてくます。どろんこ遊びをしたり、食事をこぼしてしまったり、排泄時にちょっとよごしてしまったりと、とにかく毎日、何枚も着替えが必要なので、結果として洗濯の頻度も高くなるのです。

そうすると首回りがヨレヨレになってきてしまったり、伸びてしまったり、毛玉ができてしまったりとあっという間に使えなくなってしまいました。

結局、耐久性のあるものに買い替えたので、もう1回名前書きも必要となり、かなりの重労働になってしまったのです。「最初からもっとリサーチしておくべきだった……」と後悔したのを覚えています。

 

いろいろ学ぶことが多かった保育園生活1年目ですが、いよいよ進級が近づいてきた頃、担任の先生から「来月から自分で着替えにチャレンジします」との連絡がありました。

当時、我が子は1歳6ヶ月。自宅では私か夫が全て着替えをしてしまっていたので、「大丈夫なのか?」と驚いていたのですが、まずは自分で着替えをセレクトするところから始めたようです。

なぜそれがわかったかというと、迎えに行くと「上下ボーダー」、「上キャラ物&下ハデな柄物」など以前にはなかったような斬新なスタイルをしていることが多くなったから。我が子のスタイリングに思わず吹き出してしまったこともあります。

その後、自宅でも自分で服を選びたい! となり、私のファッションセンスとは異なる我が子に何度も驚かされました。
保育園の後、通院や習い事などに行くこともあったので、この後、服を新たに購入する場合は「あわせやすいシンプルなもの」という基準もこっそり加えました。とはいえ、独特のコーディネートもかわいかったんですけどね。

 

小学生となった今は、無難な服装しかしなくなったので、何枚か残っている斬新なファッションの写真を見てはニヤニヤしています。

f:id:akasuguope01:20180225030518j:plain

著者:ゆめさい
年齢:34歳
子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。