妊娠・出産・育児の情報サイト


思い切って「妊活」のことを職場の人に話してみたら、治療がしやすくなった!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚して丸2年。

通常に性生活していても子どもが授からず焦りだした33歳の秋。

 

思い切って子どもがいない先輩に相談してみると、毎朝の基礎体温の計測と排卵予測検査薬を使って排卵日を調べて妊活してるとのこと。

数年前までは、メジャーじゃなかった排卵予測検査薬。

当時、私も初めてその存在を聞いたときは、ビックリしました。

病院に行かなくても手軽に検査できると聞き、すぐにドラッグストアへ行きました。

 

半年くらい、排卵予測検査薬で妊活しても一向に妊娠しない…。

焦り・不安・期待・そして落胆の繰り返し。

そんな中、自治体の子宮癌健診があり、産婦人科を探していたところ、不妊治療もおこなっているクリニックで癌検診もできるとのことで初めて受診しました。

超音波で子宮内を診てもらうと内膜にポリープがあるとの診断。

子宮の大きさは大体7センチくらいですが、ポリープが約2センチもあり、このポリープが着床の妨げている原因の一つと言われました。

「できれば、手術をして取った方が妊娠率も上がるよ」と、ドクターから言われ、主人と相談し、1か月後に手術をしました。

 

 

その後、ドクターに子どもが授からないと改めて相談し、まずは、血液検査(ホルモン検査)とタイミング療法で進めていくことに。

生理周期に合わせて血液検査と、毎回の超音波での内診、排卵日の特定をしてもらって性交渉をしました。

その後は、ホルモン注射をして着床率を高めました。

検査の結果、黄体機能不全と診断されました。

 

クリニックには、最低でも週1回は通院が必要で、フルタイムを働いていたので、思い切って上司(男性)に打ち明けました。

勤務先が医療サービスの職種だったこともあり、上司の理解も得られ、応援してくれました。

朝一の検査もあったため、出社時間を遅らせてもらうために同僚にも打ち明けると、みんな応援してくれて、たいへん気が楽になりました。

 

通院して4か月目に、治療をステップアップ。

クロミッド(排卵誘発薬)を飲んで、たくさんの卵子を排卵させて妊娠率を上げる治療です。

通常なら、1か月に1個の卵子が排卵しますが、誘発薬を服用すると平均6個くらいは排卵するようになりますが、私は2個までしか排卵しませんでした。

 

加えて、精液検査や卵管造営検査・フーナーテストをした時期です。

主人の精液の運動率は問題が無く、フーナーテストも問題なく、痛いと聞いていた卵管造営も無痛で安心した記憶があります(卵管が詰まっていないと痛くないようです)。

そして、6か月目、クロミッドに加えて生理後5日目から1週間卵子の質を高めるホルモン治療の注射を接種するために朝出勤前に7日間注射のために通院しました。

 

その結果、6か月目でめでたく妊娠!

クリニックの担当ドクターが泣いて喜んでくれたのにはビックリというか、若干ヒキましたが…(笑)。

 

 

妊活は時間も費用もかかり大変です。さらに、必ずしも妊娠できるとは限りません。

でも、希望は捨てないで妊活をしてほしいです。

ちなみに、我が家ですが、2人目はすぐに授かったので、まさかの年子です(笑)。

 

妊娠って本当にわからないものですね。

 

著者:れのんまま

5歳と4歳の年子ママです。

下の娘は生後2か月で保育園に入所させて、社会復帰しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。