妊娠・出産・育児の情報サイト


お腹の張りや出血を繰り返した妊娠中期。不安と我慢の日々でした

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出血があったのは、つらいツワリの時期が終わり、いよいよ妊娠中期(安定期)とワクワクしていた頃でした。

 

ツワリ中は毎日毎日気持ち悪く、体が重く、ダルく…徒歩一分のコンビニに行くだけで吐いてしまったりしていました。体がつらくて何もできず、ただただ吐き気をやり過ごすだけの毎日。安定期に入れば体調が回復し、元の生活に戻れるだろうと思っていました。

 

 

ところが、安定期に入り食欲が戻り体調は良くなった途端、夜中に不正出血が!

赤ちゃんに何かあったのではと震えながら産院に電話を掛けました。

少量の出血。鮮血の色。ダラダラと出血が続いたり、痛みがあったりという事はありません。という事を電話口の助産師さんに質問されながらひとつひとつ答えました。

私の症状を聞いた助産師さんは、「緊急性はなさそうですね。」と。私は、ホッと胸をなで下ろしました。

「心配だったら今から診察もできますよ。いらっしゃいますか?」と聞かれましたが、緊急性はないと言われ、緊張の糸が切れたとたんに眠くなってしまい、不安はありましたが翌朝一番で受診する事にしました。

 

次の日は早くに目が覚めました。大丈夫、と言われて眠りについたはずが、目が覚めてからは不安で震えが止まらず、祈るような気持ちで産院へ向かいました。 

結果は、胎児に異常なし。

エコー検査で赤ちゃんの姿を確認し、心音を聞かせてもらい、やっと震えが止まりました。

赤ちゃん元気ですよ。」という先生の言葉に、思わず涙がこぼれました。

平気なつもりでいたけれど、こんなにも不安だったんだなと改めて思いました。

 

私は子宮口にポリープがあるらしく、「そのポリープからの出血かもしれない、でも子宮の方からの出血ではないと断言もできません。どちらからなのかという診断はできないんですよ。お腹の張りもあるし、次の検診まで安静にね。」と言われてしまいました。

 

少し外出したり、家事をしたり、働いたりできると思っていた私はがっかり。でも、次回の検診までの我慢!と、家で寝て過ごしました。

 

しかし、次の検診でもお腹の張りがあるからと安静の指示が!

私はお腹が張りやすい体質だったようで、その後も、ちょこちょこ出血したりお腹が張ってしまったりを繰り返し…。

気が付けば臨月までずーっと安静指示。

やっと出歩いて良いよと言われたのは、出産予定日の三週間前でした。

 

出血する度に不安で震えましたが、とにかく安静を守る生活で乗り切り、無事出産を迎えられました。

私にとって、安定期は安静期。入院とまではいきませんでしたが、出血続きで不安+我慢我慢の日々でした。

 

著者:chimi

現在4ヶ月の女の子を育てています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。