妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目出産後乳腺炎に!対処法がわからず辛い日々を過ごし、予防の大切さを痛感

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

第一子はおっぱいトラブルもなく完母で育てました。

今回第二子を出産し、おっぱい出るかなぁなんて思っていましたが、ありがたいことに入院中から完母でいけるくらいまでになりました。

産後2週間が経ち、おっぱいを飲んでもらっても飲んでもらってもスッキリせず、ある日右胸にチクチクと変な痛みを感じるように。乳腺炎にはなったことがなく、もしかしてこれがそうかなぁ?でもガチガチに張ってはいないけど、触ると痛い!…と悩んでいるうちに、腰や関節が怠くて痛くて嫌〜な感じに。

あっという間に熱が上がり39度、今まで体験したことのないような、悪寒・体の痛み・怠さ・おっぱいの痛みが一度に襲ってきて、その晩意識朦朧としながらお世話をして本当に本当に辛かったです。

翌日ヘロヘロの体を引きずり病院へ行き、抗生物質とマッサージをしてもらい数日後完治!…なんて思ったのもつかの間。その次の週には左胸が、翌日には再び右胸が乳腺炎に。しこりがある方の胸を中心に授乳しなければ!と授乳していると、すぐに反対のおっぱいが張りみるみるうちに痛みと熱が。

相談した助産師さんには、「両方のおっぱいに同じだけの愛情をね」と言われたけど、そんなにうまくいくはずもなく…。乳腺炎になってる状態で同じだけあげるのは不可能だよ!なんて思ってしまいました。

 

1人目で母乳がよく出たこともあり、今回も新生児では飲みきれないだけの母乳が作られていたようで、まさかの連日乳腺炎祭り。産後すぐにこんなことになるなんて予想にもしていなかったし、乳腺炎になったこともないので対処もわからず本当に辛い思いをしました。

張ったら搾乳!と思っていましたが、絞るとより作られるようになってしまうので、張らないように、キャベツ湿布や保冷剤で冷やすことを毎日しました。乳腺炎は対処が遅れたら遅れただけ、治る期間も長くなると病院で教えてもらいました。

まだそんなに飲めない新生児がいるうちは、おっぱいが張ってから対処するのではなく、張る前に冷やす!の予防を心がける事が大切だと知りました。あんなに辛かった乳腺炎、もう二度となりたくありません!

そのためにも、これからは食事を気をつけたり、ハーブティーなど併用しながらおっぱいと子供と向き合っていこうと思います。

張る前に冷やす!を知っていれば、産後すぐこんなに乳腺炎に振り回される事なくもう少し体を休める事が出来たかもしれません。産院では特に指導はされませんでしたが、2人目以降の出産時は、おっぱいトラブルに本当に本当に注意してください!

著者:ここあ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。