妊娠・出産・育児の情報サイト


働きすぎた

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠しても、変わらず走り回ってました。接客業のため立ち仕事なので、疲れたら休むという気持ちで。

 

 

とくに身体には不調なかったんですが、6ヶ月くらいから急に腰痛と下腹部痛で動けなくなり、三歩歩いたら辛くて休憩(でも、仕事は休めない)状況を1週間くらい過ごし、定期検診に。

産婦人科まで徒歩で行ってたんですが、全く歩けなくて、タクシーで行って(家の階段すら降りるのに20分かかった)受診。

もともとそっけない医師が、診察後に、慌てだして…???

子宮底長が2.5センチなので、自宅安静して、すぐ実家帰らないと帰れなくなるからと紹介状と、会社への自宅療養の診断書書いてもらい、そのまま帰省しました。(里帰り出産で飛行機移動が必要でした。また有給消化がつかえたため、、あと1週間だけ働けば休みに入れたのもあったので、上司と相談の上そのような流れになりました)

 

医師からは働きすぎといわれ、会社の方からは申し訳ない旨を伝えられ、私自身最後まで働かなかった後悔があり、散々でした。働きながらはムリは禁物という意味を自覚しました。

実家で安静にしてからは腰痛も、体調不良も改善されて、あの時のひへいはなんだったんだろうと思うくらいです。

ただ、どこまでが無理してたのか、働いている時はわからないのが現実なので、きついなって思ったら、相当きついと考えた方が良かったのかなと思います。

 

もともと、妊婦だから優遇されるとか(偏見強くてすみません)そういうの大嫌いな性格だったので、(ネット検索すると、妊婦に対する批判の書き込み読んでしまうタイプ)妊娠前と同じように働かないとという気持ちが強かったのもあったと思います。

著者:さな

初参の妊婦です。切迫早産を経て実家にてぬくぬく安定した妊婦生活送ってます。ストレスフリーな生活を出産まで送りたいと思ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。