妊娠・出産・育児の情報サイト


壮絶なレア体験!陣痛よりも痛い腹壁血腫

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

1人目出産のときの壮絶だった出産話です。

2016年9月中旬頃予定日で、産婦人科に通院していました。マタニティビクス&ヨガなどで妊婦生活エンジョイしていて、37wから血圧ちょっと高め、浮腫もありましたが、妊娠時によく見られる症状のため異常なしで生活していました。

(39w2d)

・妊婦健診で羊水過少が見つかる。

・翌日から促進剤を使った入院を提案され入院手続き

(39w3d)(産後0d)

・朝から促進剤を打ち検査入院。

・内診グリグリを受けるもお昼に子宮口が2センチしか開かず、促進剤を強めると赤ちゃんの心音低下、弱めると陣痛が来ない状態。

『妊婦高血圧症候群により胎児への機能低下が見られるため、緊急帝王切開になる』と案内されました。

・夕方から家族にも来てもらい緊急帝王切開手術。赤ちゃんは2814gで異常なし。

・羊水過少が酷くほとんど羊水がなかったので母子共に危険な状態でした。

・通常1時間半の手術が、1200mlの大量出血をしていたため手術も時間がかかりました。※通常、妊娠時は500mlで大量出血になるそうです。

・後陣痛 、術後の傷口の痛み、乾燥、発熱などに耐えてその日は終了。

(産後1d)

・朝から術後の経過が悪く、ベットからは立ち上がれず。

・貧血状態が続き、後陣痛と傷口の痛み、お腹に違和感があり悶絶する痛みに度々襲わてこえが出ない状態。

・尿が出ないのでバルーンを付けたままの生活

(産後2d)

・高血圧は治らず、貧血状態もあり鉄剤を処方される。お腹の激痛が増しもがいてベットで唸る日々。

・尿は出ず体が浮腫んでパンパンになる。

・ベットから起き上がる練習をするもうまく立ち上がれず

・夜中に痛み止めが効かず悶絶する謎の痛みに襲われる。洋服が傷口に触れているだけでも激痛で脂汗がでて何度もナースコールを鳴らす。応急処置として筋肉注射をしてもらい意識がなくなる。

(産後3d)

・貧血、高血圧状態は変わらず。意識が回復するとお腹の激痛は変わらずで痛み止めも効かず。

・ベットから起き上がれるが歩かないでくださいと医者からいわれる。赤ちゃんとやっと対面出来たのがこの日でした

(産後4d)

・貧血、高血圧状態は変わらず。ヘモグロビン数値も最低の5、バルーンも付けたまま

・お腹の痛みは増すばかりで脂汗がでて声も出なくなる。これ以上産婦人科では処置ができないと言われ総合病院へと救急車で緊急搬送される。

・総合病院では 造影剤を使いCT検査など精密検査を受ける。結果『腹壁血腫と水腎症』のを併発していることが分かり、命が危ないとのことで緊急で輸血措置を受ける。

(産後5d ~ 産後14d)

総合病院での入院生活がはじまりました。赤ちゃんを連れてくることはできなかったので、赤ちゃんは先に産婦人科で退院させられました。

・貧血の状態

産後に貧血になる人は多く、ヘモグロビン数値12以下で貧血。私の場合鉄剤を飲んでも数値5~6の重度貧血で顔面蒼白。危険な状態のため総合病院へ転送。800ml輸血して安静にして回復。

・腹壁血腫

術後にお腹の中で血が固まることで激痛を伴い動けない症状。普通分娩、帝王切開、後陣痛よりも痛みが激しく意識がなくなることもあると案内されました。

再手術し塊を取り出し治す開腹手術がありましたが...肥大した血腫は身体との癒着が激しく私の場合は手術が出来ない為、痛み止めを飲み痛みをごまかす自然治癒になりました。時間が過ぎれば勝手に治るというものでしたが、副作用で吸収熱という発熱が出て身体がだるくなり1日中寝たきりの日もありました。

入院して2週間後に退院ができ、実際完治したのが2017年2月の産後6ヶ月後でした。産まれた娘を連れながら何度も通院しました。

・ 水腎症 ( 右水腎症 )

妊娠時に子宮が大きくなり腎臓を圧迫し腫れて尿が出ずらくなり、老廃物も排泄出来ないので身体が浮腫んでいました。

実際にバルーンが抜けたのも術後1週間後。

右の腎臓が機能せず重症。治療法は 尿道から腎盂に直接 カテーテルを入れて排泄させる処置。かなりの激痛で泣きながら処置し、産後1ヶ月後に完治。

 

・妊婦高血圧症候群

出産時から高血圧になり、産後もしばらくは血圧を下げる薬を服用。授乳しながら頭がクラクラしたり、血圧が上がるので身体を休めながら子育てしていました。2ヶ月後に完治。

 

産前にトラブルがなかったのに産後になってトラブルを併発した出来事です。

完治ではなく普通に日常生活が出来るレベルとの判断で、産後14日後に退院し子育てをしながら長期の通院生活を経験しました。

 

1人目の時に経験した重なった症状の出産トラブルは産婦人科や総合病院でもとても珍しい例だそうです。前回の件が影響して、2人目はハイリスク妊婦に認定されて総合病院で帝王切開で出産しました。

 

私は1人目出産後に妊娠と出産が良かったと思えるまで相当時間がかかりました。子どもと離れ離れになり育児ができず、気持ちにも余裕がなく入院生活が苦しかったので、同じ症状を何度も探したり誰か相談できる人がいたらと涙を流す日々でした。

前回の経験から、今同じ症状で不安な方や辛い方がいれば、この体験を伝えることが出来ればと思っています。

まとまりのない文章ですが、どうかこの体験を伝えたいと思っています。よろしくお願いします

著者:aoi

2歳2ヶ月と6ヶ月の子どものママです

1人目出産時に胎児機能低下と妊婦高血圧症候群を発症し、緊急帝王切開での大量出血に伴い、出産直後すぐに腹壁血腫と水腎症にかかり入院していました。

2人目は1人目の時のリスクでハイリスク妊婦に指定されて帝王切開で出産しました。

本当に苦労した出産でした。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。