妊娠・出産・育児の情報サイト


「痛くないのに痛いと思い込んでいるだけ」それは陣痛ではない、と言われた私の陣痛

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

臨月になっても"お腹が張る"という感じも前駆陣痛も分からず…だった私。

鈍感な自分のお腹に不安を感じつつ迎えた予定日の前日、お昼頃に急におしるしがあり、その日の夜中、下腹部が痛くなってきました。

 

これは陣痛

疑いながら陣痛アプリで時間を測り始めると、痛みの持続時間が10分を超えている。。。

これは一体?陣痛ってことでいいの? 陣痛ってそういうもの?? ここから10分間隔になるの??

分からないながらも測り続けていると、そのうち"9分痛くて1分痛くない"というリズムに。

 

聞いてた陣痛と違う… !

 

陣痛なのかどうか自分で判断できず、そして痛みで眠れず、痛み始めてから3時間経った午前3時、たまり兼ねて産院に電話すると

 

「痛みが10分続くなんて気のせいだ」

「痛くないのに痛いと思い込んでいる」

「そんなのは陣痛じゃない」

 

と言われ、診察が開始する朝8時まで様子を見るように言われました。

 

しかしその後も痛み続けて一睡も出来ず、

これが陣痛じゃないなら陣痛って一体何??とポロポロ涙が溢れて泣きながら夜を越え、明け方6時、これはもう無理!と思って勇気を出して再び産院に連絡。

この段階でもまだ

「気のせいだと思うけど。」

「初産なんだしまだ来るのは早いと思うけど。」

と渋られましたがなんとか病院に行く許可をもらいました。

 

両親が付き添ってくれて病院に着いたものの、

「一人で来ればよかったのに」

とまた冷たい対応。(この日は4年振りの大雪で道路が大変なことになっていたのに!)

 

しかし、その助産師さんに内診してもらうと、

なんと既に子宮口が3.5センチ!

 

「あら、よかったわね…」

と言われ、結局そのまま入院、無事出産となりました。

 

対応してくれた助産師さんに悪気はなかったと思うし、それくらいで痛がらないの!という鼓舞だったとは思うのですが、もう少し優しく対応してくれたら、、、せめて陣痛じゃないと言ったことについて後から一言欲しかったな〜と思う私の出産でした。

著者:ヤマ

2018年1月に第一子を出産。

30代の新米母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。