妊娠・出産・育児の情報サイト


我慢のし過ぎは禁物!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初めての出産は予定日より2日早く、2,835gの女の子でした。

今思えば、あと少し遅かったら、家やタクシーで産まれていたかも。

 

その日は満月でした。

夜8時、「あれ?お腹痛いかも?」と思い、計測すると10分間隔の陣痛。その頃、夫は終電帰りの生活をしていたので、不安になった私は母親学級で言われた通り、お産予定の病院に電話。すると、「初産婦さんはここから時間がかかるので、家でくつろいで、寝れるようなら寝てもいいです。我慢できなくなったら、また電話ください」と言われてしまいました。病院までの距離は車で15分ほど。

 

“我慢できなくなったら、ってどのくらいよ?!10分間隔で電話してって言われていたからしたのに!こうなったら、とことん我慢してやる!!”

負けず嫌いな私は、なぜかそこで意地になり、とことん我慢しようと決意しました。

 

23時半頃、夫が帰宅。陣痛の痛みでベッドに横になってても眠れず、夫の夕食を温めたりしていました。

 

午前1時過ぎ、少しずつ痛みが強くなると共に、“何か出そう”な感覚になり、トイレへ行くことが増えてきました。お腹の痛みを夫に話し、お尻をボールで押さえてもらったりしましたが、“まだ我慢出来るし、少しでも夫も休ませてあげなきゃ”っと、陣痛を堪えていました。夫は、食事や入浴を終えたので就寝。

 

午前2時過ぎ、1人痛みと戦っていた私。この頃には、陣痛は3〜5分くらいになっており、トイレとリビングの往復状態。リビングにいても四つん這いや踞って痛みを凌ぎ、トイレへは歩けないので這って移動。トイレに行っても何が出るわけでもないのに、“何か出そう”の感覚が強くなり、そのうちトイレから出られなくなりました。

 

2時半頃、さすがに耐えられず、でももう動ける感じではなかったので、トイレから叫んで夫を呼びました。トイレの中から陣痛タクシーと病院へ連絡。陣痛がきてる間は痛みで声も出ないので、途切れ途切れに話をしました。その様子を察知して病院からは「急いで来てください」と言われました。

 

2時40分、家にタクシー到着。ただ、この頃になるとかなりの痛みで、陣痛の波が収まった間に一歩一歩、進むのがやっとでした。なので、玄関に向かうのも一苦労。夫に支えてもらいながら、なんとかタクシーの待つところまで行きました。

 

タクシーの中では、痛みで気が遠くなりそうになりながら、ひたすら陣痛の波に耐えているのが精一杯でした。時折、「痛い……」っと声が漏れるものの、夫と話す余裕もなくなっていました。

 

2時50分過ぎ、タクシーが病院に着く頃には陣痛間隔もかなり短くなっていた為、自分では歩けず、車椅子で分娩台まで移動。

分娩台まで辿り着くと、安心感から意識が朦朧として、助産師さんの言葉が遠くに聞こえていました。後は言われた通りに着替えたり、息を吐いたり。この時には、すでに子宮口は9cmまで開いていました。

 

ただ、病院に電話をしてからまだ20分ほど。病院側ではお産の準備が整っていなかったようで「まだいきまないで」っと何度も言われ、子宮口を下から押さえられていました。

ようやく、「はい、いきんでください」と言われた時には、“あ、もう我慢しなくていいんだ。この、何か出そうな感覚を”っと、気持ちがスーッとしていったのを覚えています。

 

そして夫も立ち会い、3時35分に自然分娩で無事に女の子が産まれました。

 

結局、病院に着いてから40分、陣痛が始まってから6時間半という超安産でした。

助産師さんからは、「かなり我慢したねー。初めてでこれなら、次はもっと早くなるから、陣痛来たらすぐ病院来て!」っと言われました(笑)

著者:ちゃー

30代2児の母。

保育士だけど、子育ては楽じゃない!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。