妊娠・出産・育児の情報サイト


母乳トラブル

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

産院の助産師さんが言っていました。

「陣痛が痛いのは皆んな知っていることだけど、母乳をあげることが痛いことは知らない」 

本当にその通りでした!

 

我が子が産まれて3日後に来たおっぱいの張り。おっぱいが熱を持っていて、カチカチで岩みたいに張っていてとても痛かったです。

赤ちゃんもたくさんは飲めないので、自分や助産師さんで絞って…これがまたとても痛い!!

 

私は完母で赤ちゃんを育てたいなぁと思っていました。ひとつ不安だったのは私の右乳首が陥没まではいきませんが、へこんでいること。やはり赤ちゃんは上手く吸うことができず、入院中は乳頭保護器をいつもつけていました。退院の日、帰りの道中で西松屋に寄り、産院と同じ乳頭保護器を買いました。

 

出かけるのも、普段から母乳をあげるのも、夜間授乳も、常に保護器が必要な状態。産院で他のお母さんは直接乳首を吸ってもらえていました。完母で育てたかったということもあってか、自分の乳首を直接吸ってもらえないことがかなり寂しかったです。

(出産後の落ち込んだ時期だったからかな…?)

 

ところが産まれて1ヶ月近くなって、赤ちゃんもおっぱいを吸うコツを掴んできたのか、ふと右乳首を直接あげると上手く咥えてくれました。

(ラグビー抱きが乳首の角度もあってか、咥えてくれやすかったです)

それからは保護器を使用する頻度も徐々に減っていき、2ヶ月の今では保護器なしで吸ってくれています。

 

赤ちゃんもお母さんになった私もまだ2ヶ月。成長はこれからですよね。落ち込んだ時期もありましたが、伸びしろはまだあるし、初めての育児だ!と割り切ってのびのび我が子を育てていきたいなと改めて感じました。

著者:たかぽん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。