妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠後期〜陣痛〜出産まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私の体験談をご紹介します。妊娠後期33週のときでした!!里帰り出産で実家に帰省し、初めての妊娠検診で子宮頸管が3センチをきっており、そのまま切迫早産で入院になりました。それからは24時間ウメテリンの点滴を余儀なくされました。

お風呂に入るにもトイレに行くにもご飯食べるにもずっと点滴と共同生活。1ヶ月何もできず、とても辛い日々を過ごしました。

 

そして、37週になり一度退院になりました。その後は37週4日で夜中の0時に5分間隔の陣痛がきました。そのときはまだまだ余裕でした。しかし、入院準備をすませ、車で45分かけて病院に向かってる途中、物凄い耐えられない痛みに襲われました!そして、病院に着く頃には、もう立ち上がれない(>.<)車イスにやっとの思いで座り、病棟に着くと、すぐに分娩室に案内されました。その時点で子宮口が全開大に!!

 

そのまま分娩になり、3時間40分で無事出産しました。自然分娩安産でした(^^)体重は3006㌘の元気な男の子。会陰切開は全然痛くなかったのですが、その後の縫合が痛かったです(>.<)

その後は子宮が収縮しようとする痛みが辛く、ずっと痛み止めを飲んでました。

大変でしたが、とっても感動しました。

著者:な-たん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。