妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会い出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

里帰り出産のため、実家に帰省。家から車で5時間くらいの距離です。少し遠いけど、陣痛が来てもすぐ産まれないと聞くし、陣痛がきたらすぐきてもらえば大丈夫かな?とゆう感じで立ち会い出産を希望していました。

 

予定日より1週間以上早く、早朝腹痛で起きるとおしるしが。でも、陣痛らしき腹痛はまだ我慢できる程度です。前駆陣痛というやつかな?と、夫には連絡したものの、仕事が終わってからこちらに向かってもらうことになりました。

 

しかしその日の午後になると腹痛はさらに強くなり、まさかと思いながら間隔を計ってみると約3分間隔。

きっとまだだからって追い返されるのを覚悟で母に産院まで送ってもらうと、子宮口はまだ1cmだったものの、痛いなら、とそのまま入院することに!

 

陣痛室では携帯を使えないので、入る前に夫に

「入院することになりました!早めに来てください!」

とメールを入れました。

 

次第に痛くなるお腹、腰、お尻。3時間ほどで子宮口は3〜4cmに。「旦那さんまだかね?」と助産師さんが声をかけてくれるも、それに反応する余裕はありませんでした。さらに6時間ほど経つ頃に、子宮口は8cm。旦那さん間に合わないかもね、と言われましたが、その時はもうどうでも良く、早く産んでしまいたい気持ちしかありませんでした。

 

しかし、そこから子宮口の開きが悪くなり、夫が到着。夜の12時を過ぎた頃でした。夫に付き添われながら陣痛に耐え続けるも、子宮口は一向に開かず。ひたすらテニスボールでお尻を押してもらっていました。

 

夜中の2時、3時、夫も朝から仕事をして、終わらせて急いで5時間かけて車で帰ってきて、立ち会いとなると疲れたのでしょう。陣痛に苦しむ私の横でうとうと。テニスボールの圧が弱くなり「もっと強く!!」と声をかけました。

そんなやりとりを何度も続け、終いにはウトウトして、なんと私に頭突き!

「ごめんね、頑張って、、」と夫に声をかえる私。

人生最大頑張ってるのは私なのに(笑)

 

結局陣痛の間隔も少し開いてきて、先生が到着したら促進剤を打つことに。

促進剤を打つと2時間もすると子宮口が開き、分娩台へ。分娩台へ上がるとものの数分で赤ちゃんが出てきました。

結局出産に24時間もかかりました。スタートダッシュの感じから、まさかこんなになるとは思いませんでした。そして、まさか陣痛中に夫から頭突きをされるとは。。笑

夫が到着してから産むまで、必要事項しか会話していなかったので、産まれてから「おかえり」と声をかけました(笑)

著者:なたん

28歳、初産。慣れない土地で育児がんばってます。早く地元に帰りたい。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。