妊娠・出産・育児の情報サイト


多嚢胞性卵巣からの妊娠

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

26歳の時に不正出血が続き、当帰芍薬散を内服してきました。

その時先生からは「若いから大丈夫」とだけしか言われず、大きな病気が隠れてないかと不安な日々を送っていました。病名をやっと教えてくれ、多嚢胞性卵巣だと判明しました。

多嚢胞性卵巣だと妊娠しにくい事も分かっていましたが、結婚…こればかりは1人では出来ないため、漢方を飲みながら29歳で結婚し、いざ妊活を始めてみましたが、やはり毎月40日越えてからの生理やガタガタの基礎体温に落ち込み、しまいには先生から「自然妊娠は望めない」とまで言われてしまいました。

落ち込みましたが、年齢的にも落ち込んる暇はない!と通水検査や採血をするため予約を取り、よもじおや運動を定期的にするように努力しました。パン食がダメと分かり、パン大好きだけど禁止したりと調べる事が止まりませんでした。旦那様にも精子の検査をさせたりと動き始めましたが、調べた結果、旦那様の運動率や量が少ない事もわかり、ダブルパンチに泣きました。

その時期に、大好きな祖母が亡くなり、さらに追い討ちをかけ気分の沈み込みがありましたが、その月の末に妊娠が発覚しました。

おばあちゃんの生まれ変わりだと思い、この子を大切に育てていこうと思っています。

著者:なな

30歳 第一子妊娠中

男の子ママになります!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。