妊娠・出産・育児の情報サイト


安産だと思っていたら、まさかの難産。そして緊急帝王切開。

f:id:akasuguedi:20190426124256j:plain



f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかり、仕事をしながら、妊娠後期へ。妊娠中は特に異常なく、マタニティライフを満喫していました。予定日近くになっても自営業なので、少ない時間ながらも、毎日仕事をしていた私。周りからは、「それだけ動けば、安産だよ〜〜。えらいね。」なんて、言われて、たかをくくっていました。

ですが予定日を過ぎても子宮が下がってこなくて、胎児は大きくなる日々。「陣痛促進剤を使いましょうか」と先生に言われました。

 

当日。緊張しながらも、やっと会えると、少し嬉しく思いながら、薬を飲んで時間が過ぎていきました。ちょっとずつ、けれどどんどんと進む陣痛。夕方には仕事を終えた主人が到着しました。

本格的な陣痛が始まり、助産師さんに腰をさすっていただき、主人に手を握ってもらい、陣痛の間隔が短くなり、まだかな?まだかな?と、内心ドキドキしていました。

 

子宮口も開き出した夜中。でもなかなか赤ちゃんは降りてきません。1時、2時と時間だけが過ぎても、変わりません。陣痛はとめどなく進み、声をあげて耐えていました。3時、4時、5時、いぜん膠着状態な私と子宮。

しばらくすると「胎児が本来向いてるべき方向でない」と、助産師さん告げられました。指で回旋をうながすも言う事をきかない胎児。ほぼ休みなくくる陣痛に、主人の手をきつく握りながら叫ぶ事3時間。朝に出勤してきた主治医が、「もう、切ろう」と5秒で決断しました。

 

意識が朦朧とするなか、「やっと解放される」と思いました。手術はすぐ出来ないようで、陣痛を抑える薬を投入されました。家族にメールで緊急帝王切開になる事を打てるくらい、陣痛は徐々に収まっていきました。

 

しかし、安堵したのもつかの間。陣痛の痛みが返ってきました。

なんで〜〜!!

体動もあり、激痛がダブルできました。

午前10時になっても全然収まらず、切ってもらうのをまだかまだかと、激痛の中時間が過ぎるのをひたすらまっていました。

それを見かねた先生が、予定より早く手術をしてもらえる事になりました。剃毛、弾性靴下など、あれよあれよという間に用意は進んでいきます。

手術台に移動し腰へ注射をしましたが、これは地味に痛かったです。

 

3分程で「おんぎゃー」と、やっと我が子と対面することができました。血だらけで、元気に両手を広げ鳴く我が子に、ほっとして涙があふれました。どうやら赤ちゃんは首と手にへその緒を巻いていて、回旋できなかったようです。

もしも、赤ちゃんが下がってきていたら、首がしまっていて、一大事になるところやったと思うと、ゾッとします。

赤ちゃんが出てくる瞬間も冗談をまじえながら、励まし、ずっと付き添ってくれていた主人には本当に感謝です。

長い時間辛かったですが、赤ちゃんが、無事に産まれてくれて、本当に良かったです。

 

けれどなぜか切開後の傷口が膿み、まだ痛いとゆう。トリプルパンチな出産になりました。でも、かわいいベイビーのお顔をみたら、痛みは二の次、三の次です。

これからもすくすく元気に育ちますように…。

著者:くぅママ

35歳。初産です。怖がり、痛がり、心配性。息子溺愛中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。