妊娠・出産・育児の情報サイト


緊急帝王切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

普通に自然分娩できると考えていた私がまさか緊急帝王切開になるなんて…

13時間の陣痛に耐え子供の心拍も問題なかったのですが、陣痛レベルは上がっているのに一向に子宮口がひらかず、分娩停止で帝王切開になりました。

 

どんなに陣痛を乗り越えても一向に開かない子宮口に何度悲しくなったか…陣痛自体は強くなっているので促進剤などできることもなく、体力を消耗するぐらいなら赤ちゃんも元気なうちに帝王切開に切り替えることになりました。

 

結果母子ともに無事で何より赤ちゃんが元気に産まれてきたので良かったです。

緊急帝王切開のため陣痛の中麻酔するのが大変でした。また、私は妊娠中最後まで嘔吐に苦しんでいたので、麻酔のせいか帝王切開のパニックか、手術中は繰り返す嘔吐の記憶しかほぼありません。それでも我が子が生まれてきた時の感動はあり、産声を聞いた時は自然と涙がこぼれました。

手術した当日は身動きもとれず色々な痛みに辛さがありましたが、2日目には動くこともでき赤ちゃんのお世話もできました。傷の痛みも5日目ぐらいにはだいぶなくなり、人間の回復力に感動しました。

 

保険に入っていたので費用もそこまでダメージをくらわずよかったです。産道から産みたかった気持ちもありましたが、帝王切開になったことで、赤ちゃんの頭の形が生まれた時から綺麗になったのでこれはこれで良かったのかなっと思っています。

 

お産は何があるかわからないので、順調な方も帝王切開になる覚悟も持ちながら陣痛にのぞむといざという時パニックにならず済むかと思います!

著者:ウィスタリア

2018年7月に第一子を出産した新米ママ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。