妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠期、授乳期に一番つらいのは、大好きなお酒をがまんすること!

f:id:xybaby_post:20190324133031j:plain

妊娠が分かったのは4週目。検査薬で調べた結果、陽性反応でした。

お酒好きなお友達と飲んでいる席でもしかして妊娠しているかもと友達に打ち明け、その翌日、妊娠検査薬で検査をしました。

その結果、陽性反応。結果的に最後の一杯となりました。
 
調べる前から薄々妊娠しているのではないかと思っていたのですが、大好きなお酒を我慢する生活が待っていると思うと妊娠しているとはっきり分かるのが怖くて、最後に飲み納めをしようと自分の中で思っていました。

ある日突然生活の一部で大好きなお酒を飲む習慣を辞めなければいけない苦しみは、お酒を飲む人にしか分からないし、きっと周りにも理解してもらえないので、限られた友達としか分かち合うことができず、上の子の時はとても苦しみました。

下の子の時は2度目ということもあって現実を受け入れる心構えができていたのか、我慢する生活に慣れていたのか、割とストレスはありませんでした。

でも目の前で毎日美味しそうに晩酌をする旦那を見て、よく私の前で気にせず飲めるなと何度思ったことか。一番のストレスでした。

妊娠中は「ストレスになるくらいなら1杯くらいいいんじゃない?」と言われたこともありましたが、どうしても目に見えない赤ちゃんが心配で気になるし、そんなにまでして飲みたいのかと周りに思われるのも嫌でモヤモヤ。妊娠中にお酒なんて飲むものではないということも頭ではわかっているので、余計にモヤモヤしていたのかもしれません。

産後も同じで、お酒を飲んだ後はミルクにすることとして飲んだことがありますが、おっぱいが飲みたい仕草を見せる赤ちゃんを見るとやっぱり飲まなければ良かったと後悔。

でも旦那さんも周りも自分が思ってるほどお酒を飲みたい私を批判していないということに気づきました。

私のようにお酒を飲みたいけど周りや旦那の目が気になるという方もいると思いますが、母親である前に私はひとりの人間!我慢ばかりしなくてもいいんじゃないかと思います。

今現在授乳中の私ですが、どうしてもお酒が飲みたいときは旦那さんにミルクを協力してもらって我慢せずに少し飲むことにしています。

日ごろ我慢ばかりしてストレスをためているお母さん達に、たまには自分のしたいことを優先してもいいのではないかと伝えたいです。

 

f:id:xybaby_post:20190324133306j:plain

著者:ぴーなつ
年齢:31歳
子どもの年齢:2歳10ヶ月 2ヶ月

まだまだ甘えたい盛りの上の子と泣くのが仕事の下の子を、1人で家で世話をする日々にまだ慣れずに悪戦苦闘しながら過ごしています。自分の好きなパン作りを子供と一緒にしたりして発散しています。すぐにイライラして上の子にはかわいそうな思いをさせていますが、寛大で優しいお母さんを目指して頑張ります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。