妊娠・出産・育児の情報サイト


想像以上に長く、格闘した陣痛

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

陣痛が始まったのは23時頃でした。

 

カウントすると10分間隔で、これはもう行くべきだと思い病院へ連絡し、主人の運転で病院へ向かいました。

が、朝になるにつれだんだんと陣痛の間隔が空いてきてしまいました。

先生にも「一旦帰りましょう」と言われ、保育園の見学を申し込んでいたこともあり、一旦自宅へ帰りました。見学中にも不規則ですが陣痛を耐えるのが辛かったです。

夜になり、前日と同じ23時頃、カウントしてみると10分間隔で陣痛が来ていることに気づきました。今度こそと思い、病院へ連絡し向かいました。

 

 

前日と同様内診をしてもらうと、先生の方から、もうすぐ産まれるとのこと。

痛いけど午前中までに産まれるならと、ひたすら息を吐いて痛みに耐えていました。

主人も二日連続で付き合っているため、クタクタ。しかし、なかなか子宮口が全開にならず…先生から、このままでは体力がもたないとのことで、「促進剤を打ちましょう」と提案されました。

午前中で産まれるからと頑張ってきたのに、これからまだ耐えなければならないことに、このとき初めて涙が流れました。

その後主人に励まされながら、促進剤を少しずつ打ってもらい、結局16時過ぎに無事出産できました。

出産は本当に何があるかわからないとつくづく思った体験でした。

著者:マヨチュチュ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。