妊娠・出産・育児の情報サイト


夜中の陣痛から出産まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日から1週間後の朝から入院予定でしたが、夜中痛みで目が覚め、間隔を測ったら10分おきに痛みがありました。生理痛の1.5倍くらいの痛みで、のたうち回る痛さではなかったのでこれが陣痛なのか分からず病院に電話しました。すると「今から来て下さい」と言われました。

 

着いてからは赤ちゃんの心音を分娩室で30分くらいチェックしてもらい、その後5分おきの痛みが2時間程度続きました。生理痛の2倍くらいの痛みで、まだ我慢できる範囲。朝ご飯も美味しく食べれる状態です。微弱陣痛だったので促進剤の点滴を少量から少しずつ増やしてもらい、そこから30分位で陣痛間隔が1分おきと短くなり、痛みも段々と増して来ました。

この辺から記憶があやふやで、気づいたら意識は朦朧とした状態になっていました。うつ伏せで苦しんでは痛みが一瞬去り、苦しんでは去りという波のような状態を繰り返していました。

「子宮口は6センチくらい」と遠くから聞こえて来たけど、痛みの波が押し寄せてくるので返事もできずうなだれていました。水を飲む気力もなかったです。

 

もうダメだと何回か思いましたが助産師さんがお腹をチェックしながらツボ押しのような事をしてくれて、付き添いの母は痛みが来た時に背中をずっとさすってくれていたので心が折れずにすんだと思います。

 

そんな状態を1時間半くらい繰り返していたら子宮口が9センチに開いた為、分娩室に移動しそこからは陣痛の波が来たら助産師さんに伝えいきみ方を教えてもらいながら3回目の波で出産しました。

分娩室に移動してからは30分足らずだったので気持ちあっという間の出来事でした。

 

いつまで続くか分からない子宮口開き待ちの苦しみが辛過ぎたので、分娩室に入るという言葉が神の救いの言葉に感じました。なので、赤ちゃんが出てくる時はフィニッシュで思う存分全力だせたので痛いとかは感じませんでした。

 

口がカラカラパサパサになったのでリップ持っていっててよかったです。

著者:パグ美

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。