妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛から出産まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠初期から頻繁にお腹の張りがあり、正産期に入るまで貼り止めの薬を処方されていました。先生から「きっと正産期を過ぎたらすぐに産まれるかもね~」と言われていました。

正産期を過ぎ、もう少しかな~♡と赤ちゃんに会えるのを毎日ドキドキしながら待っていましたがなかなか陣痛が来ず…。むしろお腹の張りすら感じないくらいでした。

 

出産予定日、この日は健診でした。NSTをする時、助産師さんから一言。

「まだ赤ちゃん下がってないね~」と。

胎動も相変わらず激しかったのでやっぱりな~と苦笑いしてしまいました。

 

そして、なんの変わりもなく予定日から2日経ちました。

いつ陣痛が来てもいいように正産期から夜に洗濯を回し干して寝るのが日課になっていました。23時になると何かお腹痛いような気がする?と感じるように…。でも我慢出来る痛みだし大丈夫か!と気にせず洗濯物を干していました。

24時半になるとさっきより痛みが強くなっているような気が…でも、まだ全然我慢出来る痛みでした。

便秘気味で薬を処方されていてその薬のせいかな…って思っていたくらいなので全然余裕がありました。

1時になるとさらに痛みが増し、でも時間を測ってみるとバラバラ。

4年前に長女を出産した時、前駆陣痛はなくおしるしがありそこから陣痛がきたので、これが前駆陣痛か、とすぐ分かりました。

それから30分後、寝ようかな~と思ってトイレを済ませようとしに行きました。

あれ、出血してる…おしるしがありました。

そこから胸騒ぎし寝れなくなり、とりあえず我慢出来る痛みだけどおしるしがあったので一応、病院に電話してみることに…。

 

長女の分娩時間が5時間半だった事も一緒に伝えると助産師さんから

「経産婦で上の子の分娩時間も早めなので入院準備をして病院に来てください」との事。

急いで主人と娘を起こし、病院まで送ってもらいました。主人は長女の面倒を見なきゃいけなかったのでそのまま自宅へ。

病院に着いたのは2時前くらいです。

 

まだ痛みは耐えられ、いきみたい感じも全く無かったので血圧、体温、NSTをやり終えた後陣痛室へ案内されました。そこから2時半位までは痛みに余裕があったので離れて暮らしている母親や友達と連絡を取り合っていました(笑)

 

2時40分位になり主人から電話が来たので普通に会話していましたが…途中でパン!と大きな音がなりました。破水です。ナースコールを押し破水と同時に耐えられないくらいの痛み。思わず携帯を投げてしまいました(笑)

そして、びちょ濡れになったので痛みに耐えながら必死で着替えをし「破水して感染すると大変だから」と助産師さんに薬を飲ませてもらい、分娩室へ通されました。

とてつもない痛みを乗り越え3時36分、無事3324gの次女を出産しました。

 

前駆陣痛から本陣痛に変わるまでよく分からなかったのですが、長女よりさらに早く出産する事が出来ました。

出産は人それぞれと言いますが、経産婦さんは特に気をつけたい所ですね(笑)

著者:さや

4歳と1ヶ月の姉妹ママです♡

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。